巻き爪をフットケアで

巻き爪をフットケアで

巻き爪の治療は病院でなければ行うことができないと思っている方はいらっしゃいますが、実はフットケアサロンでも行われております。

 

フットケアサロンでは足の爪を綺麗に切ってくれたり、保湿などのスキンケアやマッサージが実施されているのです。

 

「病院での治療は怖い」「病院に行くと緊張する」という方は、リラックスした雰囲気で施術を受けられるフットケアサロンを利用するのが良いのではないでしょうか。

 

フットケアサロンでは、病院で行われているような専門的な巻き爪の手術を受けることはできませんが、一般的にドイツで開発されたB/Sスパンゲという矯正が行われております。

 

病院でも実施されていることはあるのですが、これは特殊なプラスティックの板を爪の表面に貼り付け、爪を持ち上げることによって巻き爪によって引き起こされている皮膚への食い込みを防いで痛みを軽減できるのです。

 

B/Sスパンゲにかかる料金はフットケアサロンによって異なりますが、1ヵ所につき数千円と設定しているところが多いので、患者さんに大きな負担がかかるということはないと思われます。

 

しかし、プラスティックの板は一度装着すれば良いというわけではなく、個人差があるものの2週間〜4週間で取り替えなければならないので、詳しくはフットケアサロンの担当医に尋ねてみてください。

 

また、日本で生まれた信頼できる施術の一つとして、ペディグラスという方法が行われているフットケアサロンがあります。

 

ペディグラスは針や刃物を使わずに巻き爪を解消できる最新のケア方法ということで特許を取得しており、補正具を爪に装着するだけでストローのように曲がった状態も少しずつ改善できるのです。

 

麻酔をするような治療ではなく、爪の上に器具を乗せるだけなので、ペディグラスは全く痛みが引き起こされないというメリットがあります。

 

フットケアサロンという落ち着いた場所で施術を受けられるということで、患者さんにかかる負担を最小限に抑えられることは間違いないので、試す価値は大いにあるでしょう。

 

このような矯正ができるフットケアサロンは、巻き爪だけではなく、かかとのひび割れやガサガサ、爪の凸凹といった様々なトラブルを改善してくれるということで、女性から人気となっております。

 

男性は入店しづらいかもしれませんが、健やかで美しい本来の素足を手に入れるために、フットケアサロンを積極的に利用してみてください。

「巻き爪を病院で」についてのページ

巻き爪を病院で治す際に必要な値段
巻き爪をフットケアで