巻き爪の治療とクエン酸

巻き爪の治療とクエン酸について

巻き爪が原因で爪の先がトゲのようなものになり、それが皮膚に刺さったり刺激を与えることで肉芽(にくげ)と呼ばれる症状を引き起こす方がいらっしゃいます。

 

肉芽とは肉が盛り上がったような状態を指し、爪のふちに豆みたいなものができて、どんどん巨大化してしまうのです。

 

以前は手術を用いて肉芽の治療を行い、液体窒素や水銀酸で焼いたりといった方法が行われていました。

 

病院にいって専門医の意見を聞き、きちんと治療を行ってもらうのは非常に大事なことなのですが、中には痛いだけであまり効果がなかったという意見や、再発してしまったという意見が飛び交っております。

 

そこで、肉芽を治す方法として、クエン酸を使った治療が効果的だと言われているのです。

 

レモンやグレープフルーツに含まれているクエン酸ですが、巻き爪を直接治療できるというわけではありませんが、クエン酸は汚染されたリンパ液や膿を凝固し、細菌を殺すという役目があります。

 

口から摂取することで疲労物質を排除してくれることで有名なのですが、巻き爪によって引き起こされた肉芽を改善してくれるのです。

 

その方法は非常に簡単で、まずは肉芽が引き起こされている部分をしっかりと消毒し、その上からクエン酸をかけます。

 

最後にバンドエイドで保護すれば完了です。クエン酸は危険な医薬品ではありませんし、ドラッグストアで手軽に購入できるので、試す価値は大いにあるかもしれません。

 

ただし、肉芽をきちんと治せたとしても、巻き爪が治っていなければ、また爪の刺激によって皮膚が傷つけられてしまう可能性が高いので、巻き爪ブロックでのケアをおすすめします。

 

巻き爪ブロックで矯正をすれば、少しずつ自分の爪の形を変えることができるので、自宅での治療の一環として使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、インターネットでクエン酸を使った方法がご紹介されており、実際に試して成功したという方もいらっしゃるので、危険というわけではありませんが、理想は専門医にしっかりと症状を診せることです。

 

自分の判断で治療をして症状が悪化するという可能性もあるため、十分に注意する必要があります。

 

最近では、ガター法と呼ばれる治療が一般的となっており、肉芽部分にチューブを挿入し、肉の腫れを引かせるようにして爪が食い込むのを防いでくれるのです。

 

従来の肉芽の治療よりも痛みは引き起こされないと言われているので、病院で治療を行った方が良いことは間違いありません。

巻き爪の治療についてのページ