巻き爪とコットンパッキング

巻き爪とコットンパッキングについて

軽度の巻き爪の治療として、コットンパッキングという方法が用いられることがあります。

 

コットンパッキングは手術に変わる矯正療法であり、巻き爪が引き起こされている爪の両端と皮膚の間に脱脂綿を小さく丸めて挟むことで、これがクッションの役割を果たし、爪が皮膚に食い込むのを防いでくれるというわけです。

 

脱脂綿の大きさはマッチ棒の頭くらいでよく、先の細いピンセットを使用して挿入すれば自分で上手く詰めることができます。

 

このコットンパッキングは病院で行われる治療ではなく、自宅で症状を和らげる対処方法となっており、痛みや炎症を軽減してくれるのです。

 

巻き爪は病院で治療を受けないまでも、自分で何らかの対処を行わないという限り、どんどん症状が悪化していきます。

 

そのため、少しでも巻き爪を改善するために、コットンパッキングを利用するのは良いのではないでしょうか。

 

ただし、脱脂綿を皮膚の間に詰める際、清潔に保たなければ中に黴菌が入って炎症が引き起こされてしまうかもしれないので、お風呂に入った後に清潔なコットンとピンセットを用意し、小さく丸めて詰める必要があります。

 

これは昔から巻き爪の対処として実践されている方法なのですが、症状が軽い方にしか効果がなく、爪が食い込んで化膿しているという方や、炎症を引き起こして痛みが引き起こされているという方がコットンパッキングを行っても全く意味がないので、そのような方は直ぐに病院で治療を受けるべきです。

 

病院であれば専門医の方があなたに適した方法を考え、巻き爪を解消してくれるに違いありません。

 

また、このサイトで紹介している巻き爪ブロックも効果的となっており、巻き爪の症状が軽度〜中程度の方におすすめです。

 

ある程度爪が湾曲しているという場合でも、巻き爪ブロックを使えば少しずつ平らにしてくれるので、是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、軽度の巻き爪の方がコットンパッキングで症状を和らげるという場合、小まめにコットンを変える必要があります。

 

多くの方は足の親指に巻き爪が引き起こされており、この爪の間は細菌が非常に繁殖しやすい部分となっているので、同じコットンを使い続けていると、その細菌によって炎症が引き起こされてしまうというわけです。

 

「脱脂綿を詰めても歩いているうちに取れてしまうのでは?」という疑問を抱く方がいらっしゃいますが、爪が皮膚側に曲がっていることが多いため、あまりにも激しく動かなければとれるということはないでしょう。

 

もし、気になるようでしたら、脱脂綿を詰めた部分に絆創膏を貼るのが良いかもしれません。

巻き爪の治療についてのページ