巻き爪とリフトシール

巻き爪とリフトシールについて

巻き爪の痛さは本人しか分かりませんし、病院に通う時間がないということで、自宅で何とかして治療をしたいと思っている方は多いはずです。

 

長年に渡って足に負担をかける生活をしていると、だんだんと爪が折れ曲がって巻き爪へと変化してしまうのですが、そのような症状を少しでも和らげるグッズとして、リフトシールというものがあります。

 

巻き爪リフトシールは有名な製品となっているので、既に使ったことがあるという方はいらっしゃるかもしれませんが、絆創膏のようなものを爪に貼ることで巻き込んだ爪のカーブを上に持ち上げ、真っ直ぐに伸ばしてくれる矯正商品です。

 

プロ仕様のシールとなっており、目立つことはないので、気軽に巻き爪のケアができるのではないでしょうか。

 

病院で巻き爪の治療を行うと、保険が適用されないので、1回につき5,000円〜10,000円ほどかかり、何度も通院する必要があるので、この費用が負担だと感じる方は多いはずです。

 

その点、巻き爪リフトシールは、1ヵ月分で1,980円、2ヵ月分で3,780円、3ヵ月分で4,780円と大変お求めやすい価格が提供されております。

 

爪の長さが短くてもシールを貼ることはできますし、皮膚に食い込んだ部分を刺激するような矯正グッズではないので、衛生面でも優れているというメリットがあるのです。

 

この巻き爪リフトシールは人気の高い製品なのですが、サイズが1種類しかないため、爪の幅が広いという男性の方は上手く貼ることができないかもしれません。

 

そこで、そのような方には3種類のサイズからバネの大きさを選択できる巻き爪ブロックがおすすめです。

 

どちらの矯正グッズが良いか一概に説明することはできませんが、男性でも女性でも利用できるのは巻き爪ブロックなので、是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪リフトシールや巻き爪ブロックなど、現在では自宅で矯正するグッズが非常に充実しており、病院に通う必要がないということで、非常に重宝されております。

 

しかし、一方で本当に効き目があるのか、疑問に思っている方がいらっしゃるのです。

 

自宅で矯正するグッズにはそこまで即効性がなく、ある程度月日をかけてケアを行っていかなければなりませんが、これは病院での治療でも同じことが言えます。

 

巻き爪は急に引き起こされるのではなく、足に負担がかかる生活をしているとだんだんと引き起こされるようになり、病院でワイヤーやプレートで治療を行ったとしても、改善するにはある程度の期間が必要なのです。

 

同じくらいの時間がかかるのであれば、自宅で矯正する巻き爪リフトシールや巻き爪ブロックが優れているということがお分かり頂けるでしょう。

巻き爪の治療についてのページ