巻き爪の治療と麻酔

巻き爪の治療と麻酔について

自宅で巻き爪の矯正を行ったり、病院でワイヤーやプレートを使用した治療を行うという場合、麻酔を使用することはありませんが、巻き爪の症状が進行し、炎症や化膿を引き起こしているという場合は手術を行う必要があります。

 

その際に局所麻酔を使って治療を行っていくのですが、この麻酔が痛いと感じる方はいらっしゃるはずです。

 

もちろん、全身麻酔ではなく、指の部分だけに麻酔の薬が行き渡るような注射なので、転げまわるほど痛いというわけではありませんが、チクっと痛むことは十分にあり得ます。

 

爪の変形が強いという方や炎症を何度も繰り返しているという方は、局所麻酔を使用して専門的な手術を行っていくのですが、このような状態を放置しているともっと大きな痛みが引き起こされるかもしれません。

 

一度爪が変形すると自然に解消されるということはなく、どんどん巻き爪が進行してしまいます。

 

麻酔による痛みが怖いという気持ちは十分に分かるのですが、他の方法では改善が難しく、専門医から手術を勧められたのであれば、麻酔を使った治療を行うべきです。

 

初診料や血液検査、術後にかかる費用などを合わせても手術は保険が適用されるため、総額で2万円程度となっております。

 

もちろん、病院によってかかる料金が前後する可能性は十分にあり得ますが、皮膚を消毒してから麻酔を打ち、手術が終わるまで30分もかからないので、そこまで大きな治療ではないということがお分かり頂けるでしょう。

 

ただし、手術を行って巻き爪を解消したからといって再発の可能性がゼロというわけではないので、今後巻き爪にならないようにどのような予防をしていけば良いのか専門医の方に尋ねることをおすすめします。

 

手術が必要なほど巻き爪の症状が進行していないという方は、麻酔を使用せずに治療を行うワイヤー法やプレート法が一般的です。

 

どちらも保険対象外なため、治療が長期に渡ると大きな費用がかかってしまいますが、施術は数十分で終わりますし、痛みは全くないので安心して治療を行えるでしょう。

 

とは言え、軽度の巻き爪であれば病院やネイルサロンに通わなくても、自宅で改善できる矯正キットを使うという方法もあります。

 

このサイトでは多くの方から評判となっている巻き爪ブロックをご紹介しており、麻酔を使うことなくバネを爪に装着するだけで、平らな爪を手に入れられるのです。

 

経済的にもお安く済むことは確実ですので、症状が悪化して手術をしなければならなくなる前に、巻き爪ブロックを使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

巻き爪の治療についてのページ