巻き爪とストレッチ

巻き爪とストレッチについて

巻き爪は病院で手術を行ったり、下手に自分で対処を行うと更に症状が悪化する可能性があり、非常に怖い症状の一つであると言われておりますが、そのような時はストレッチに頼るのが良いでしょう。

 

「ストレッチで巻き爪が治るの?」という疑問を抱いている方はいらっしゃいますが、「かんたんストレッチで外反母趾・巻き爪が治る本」という本で、ストレッチの仕方が紹介されております。

 

この本では、足の親指が外側に曲がってしまう外反母趾や、爪が皮膚の中に食い込む巻き爪を確実に改善するために、イラストでストレッチやマッサージの仕方が説明されているのです。

 

中には病院に通うのが難しいという方がいらっしゃるかもしれませんが、「かんたんストレッチで外反母趾・巻き爪が治る本」を読めば自宅で症状を和らげる方法が分かります。

 

実は巻き爪といった足のトラブルは、足の歪みや身体の歪みが大きな原因となっており、根本的な問題をしっかりと解消しなければ手術をしても改善することができません。

 

もちろん、巻き爪の症状が悪化して膿が発生しているような状態では、ストレッチをしてもあまり意味がないので、直ぐに病院に行く必要があります。

 

しかし、軽度の巻き爪であれば、自宅で道具に頼らずに短時間でできるセルフケアの方法が詳しく紹介されているので、試す価値は大いにあるのです。

 

また、自宅で巻き爪の治療を行う方法として、巻き爪ブロックが挙げられます。

 

こちらのグッズも重度の巻き爪の方にはあまり適しておりませんが、爪を持ち上げるバネを装着することによって、痛みを軽減させることができるのです。

 

初心者でも詳しい説明書が付属されているので、簡単に試せるはずなので是非使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、仮に病院での手術で巻き爪を治したとしても、その後のケアが間違っていると、また巻き爪が引き起こされてしまいます。

 

これは、巻き爪ブロックで改善した場合もそうなのですが、正しい靴を選んだり、正しいストッキングの履き方を実践しなければ、また痛みに悩まされる日々が続くというわけです。

 

そのような予防について病院ではあまり詳しく説明してくれないかもしれませんが、上記でご紹介した「かんたんストレッチで外反母趾・巻き爪が治る本」では、巻き爪の悪化を防止するための知識が紹介されております。

 

ストレッチやセルフケアの方法が分からないという方は、この本を読んで勉強するのが良いかもしれません。

巻き爪の治療についてのページ