ジェルで巻き爪の矯正はできる?

ジェルで巻き爪の矯正はできる?

巻き爪の矯正を行うには、一般的にワイヤーやプレートが用いられております。

 

病院に行くと特殊な器具を使用して治療が受けられ、少しずつ爪を正常な形に戻していくことができるのです。

 

自宅でシールやバネを装着して改善する方法もあり、どの方法が優れていると一概には説明できませんが、ジェルを使用した巻き爪の矯正はありません。

 

巻き爪は遺伝による影響もあるかもしれませんが、徐々に形が変異していき、放置することでどんどん症状は悪化していきます。

 

病院で矯正するにしても短期間での改善は難しく、症状が悪化して皮膚に食い込んでいるという方は、かなりの時間を要してしまうのです。

 

そのため、ジェルを足に塗って改善するという方法はなく、もっと強い力を加えて巻き爪を改善していく必要があります。

 

病院での治療も長い時間がかかってしまうため、自宅で矯正するという場合もどんなに優れた製品を使用したとしても、ある程度の時間が必要というわけです。

 

このサイトでは、痛みなく改善できる巻き爪ブロックをご紹介しておりますが、これを使ったとしても1日や2日で正常な形に戻るということはないでしょう。

 

しかし、爪を特殊なバネで持ち上げられるため、皮膚に食い込んでいるという方は痛みを改善できます。

 

約8割のユーザーが装着してから10分以内に何らかの変化を感じている素晴らしい商品なので、一度巻き爪ブロックを使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、現在ではゲル状の樹脂をUVライトに当てて固めるジェルネイルが女性の間で流行っており、マニキュアよりも長持ちするというメリットがあります。

 

しかも、装着感が非常に軽く、自然な感じでネイルができるというところも優れていると言えるでしょう。

 

見た目も自然な仕上がりにできるジェルネイルですが、巻き爪になってしまったという方がいらっしゃいます。

 

全ての方が巻き爪になるというわけではありませんが、ジェルネイル後のケアを怠っていると思わぬトラブルが引き起こされてしまうのです。

 

そのため、ジェルネイルを行った後は、しっかりと爪の保湿を行い、3〜4週間程度で付け替えるといったメンテナンスを忘れてはいけません。

 

ネイルカラーとは違って長持ちするのですが、爪の表面がジェルで覆われているため、長期間つけているとジェルがだんだんと浮き上がり、そこから雑菌が入り込んでカビが繁殖する危険性があるので十分に注意が必要です。