巻き爪と栄養

巻き爪と栄養について

爪と栄養には全く関係性がないと思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

爪の状態によって身体の健康状態をある程度把握することができ、栄養不足に陥っていると髪の毛がバサバサになったり肌がカサカサになるだけではなく、爪も弱くなって巻き爪が引き起こされる確率が高まります。

 

爪は皮膚や髪の毛と同じようにケラチンというタンパク質の一種で構成されており、身体の栄養が足りないと爪にまで栄養が行き渡らないということはお分かり頂けるはずです。

 

巻き爪を予防するだけではなく、美しい爪を維持するためにも、爪を丈夫にしてトラブルをなくし、健康な爪を作るということが大事なのではないでしょうか。

 

もちろん、きちんと栄養を摂取していたとしても、爪に栄養が行き渡っているかどうか確認するのは難しく、特に変化がないと思うかもしれませんが、巻き爪予防の一環として栄養素を摂取することは大切です。

 

そこで、爪はタンパク質の一種であるケラチンで構成されているということで、タンパク質の不足が大きな悪影響を引き起こしてしまいます。

 

タンパク質は、肉類や魚介類、乳製品といった色々な食品に配合されているので、身体の中から不足するということはないと思われますが、普段の食事内容を見直すことは大事です。

 

しかし、既に巻き爪が引き起こされているという方は、栄養分をきちんと摂取したとしても治すのは困難なので、巻き爪ブロックの使用をおすすめします。

 

巻き爪ブロックは自宅で矯正できるグッズとなっており、簡単な操作で爪に取り付けることができるので、正常な爪の形に戻すためにも是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、健康的な爪を保つにはタンパク質といった栄養素だけを摂取すれば良いというわけではなく、爪の水分保持力をアップさせてくれるコラーゲン、爪の潤いを保つ効果のあるビタミンA、爪への栄養補給をサポートしてくれるビタミンEといった成分も必要不可欠です。

 

コラーゲンはふかひれやウナギに、ビタミンAはレバーやニンジンに、ビタミンEはナッツ類や植物油に配合されております。

 

つまり、これは爪だけではなく、身体全体の健康を保つために、栄養素のバランスに注意して食事をしていかなければならないと言えるでしょう。

 

毎日の食事でこれらの栄養素を全て補えないという方はいらっしゃると思うので、そのような方はサプリメントを摂取して補給することをおすすめします。

「巻き爪の原因」についてのページ