巻き爪と深爪

巻き爪と深爪について

巻き爪で悩まされているという方は、皮膚に爪の角が食い込んで痛みが引き起こされることがあるので、ついつい深爪になりがちなのですが、この深爪が巻き爪の大きな原因なのです。

 

深爪についていちいち説明する必要はないかもしれませんが、指先よりも爪が後退する部分まで爪を切ってしまう状態を指し、爪が指先の肉に圧迫されて徐々に巻いていってしまいます。

 

一度深爪になると爪の成長に伴って巻き爪になりやすくなり、巻き爪と深爪の繰り返し状態が続くので、どんどん悪循環に陥るというわけです。

 

爪の先端部分は医学用語を使うと爪床と言われているのですが、ここは非常にデリケートな部分で、傷がつきやすくなっております。

 

そのため、このような深爪の状態で自分の足の形に合わない靴を履き続けたり、サポート力が強いストッキングなどを常用していると、爪の周りの肉がだんだんと盛り上がり、巻き爪が引き起こされるという仕組みです。

 

それに、かなり過度に深爪をしてしまったという方は、先端部分の爪床と接触して爪の成長がストップするものの、伸びようとすることには変わりないので、行き場を失った爪が巻き爪を引き起こします。

 

つまり、深爪になればなるほど、障害物の圧力に負けて変形していくので、常に爪の先端部分の白い部分を1mm程度残すように爪を切らなければなりません。

 

もし、既に巻き爪が引き起こされているという方でも、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使えば十分に改善できます。

 

深爪をしてしまった方でもバネを装着するだけの簡単な手順で巻き爪を解消できるので、自宅でのケアとして巻き爪ブロックを試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、爪が伸びていると不潔なイメージをもたれてしまうため、短く整えようとして深爪になる方は少なくないと思われます。

 

巻き爪の原因は深爪だけではありませんが、大きな要素の一つであることには変わりないので、爪の切り方には十分に注意しなければならないのです。

 

また、清潔感を保つために赤ちゃんの爪を整えるという心掛けをしている親御さんは多くいらっしゃいますが、深爪になると赤ちゃんでも巻き爪になる可能性があるので、ほどほどに切ってあげなければなりません。

 

真面目な性格の方は、自分の爪だけではなく、赤ちゃんの爪にも気を配っているかもしれませんが、それが仇となって巻き爪が引き起こされる可能性があるということを、しっかりと頭に入れておきましょう。

「巻き爪の原因」についてのページ