巻き爪と遺伝

巻き爪と遺伝について

医学書では巻き爪は滅多に遺伝しないと言われておりますが、生まれつき巻き爪になりやすい指の形や爪の形はあります。

 

確かに、巻き爪そのものが遺伝するというケースは少ないかもしれませんが、爪が薄かったり形がいびつであるということで、巻き爪になりやすいという方はいらっしゃるのです。

 

爪の硬さや厚さは人によって違いが生じており、顔や体つきが親に似るように、指の形や爪の形が遺伝によって親に似ることはあります。

 

どの程度の確率で巻き爪が遺伝するかデータ化されているわけではありませんが、両親ともに巻き爪に悩まされている場合、その子供が巻き爪に悩まされる確率は非常に高いのです。

 

基本的に年齢や性別、爪の形などに関係なく、巻き爪は誰にでも引き起こされる可能性があるのですが、薄い爪や柔らかい爪の方は巻き爪で悩まされやすいと言われております。

 

遺伝による影響よりも、自分に合わない靴を履いていたり、指先を圧迫していたりと、日常生活による影響が非常に大きいことは確かですが、両親ともに巻き爪の方は、他の人よりも巻き爪になるリスクが高めだと考えた方が良いかもしれません。

 

実際にネイルサロンなどで、巻き爪ケアに親子で来られている方は決して少なくはなく、指の形状が非常に酷似しているということから、遺伝による影響が少なからず存在するのは事実です。

 

遺伝によって巻き爪になりやすい体質を受け継いだ方が、窮屈な靴を履いて足の指に大きな負担をかけると容易に巻き爪で悩まされてしまうので、十分に注意する必要があります。

 

仮に遺伝によって巻き爪が引き起こされたとしても、巻き爪ブロックを使用すれば最悪の事態は防げます。

 

巻き爪ブロックは、ただ単に巻き爪による痛みから解放してくれるだけではなく、バネの力を利用して平らな爪へと導いてくれるのです。

 

お一つ3,000円と格安価格で販売されている矯正グッズなので、是非使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、遺伝によって巻き爪になりやすい体質を受け継いでしまったという方も、そうではないという方も巻き爪を予防するには、日常生活の心掛けが大切です。

 

遺伝による影響は少なからずありますが、後天的な要素によって発症することが多いので、指や爪に負担をかけないように気を配る必要があります。

 

爪は硬いので直ぐには曲がることはないと考えている方はいらっしゃいますが、長期的に圧力が加われば徐々に変形していくものなので注意してください。

「巻き爪の原因」についてのページ