高齢者の巻き爪の原因

高齢者の巻き爪の原因について

巻き爪は性別や年齢に関係なく引き起こされるという特徴がありますが、特に高齢者が巻き爪を患っていることが多くなっております。

 

高齢者の巻き爪の原因は言わずもがな加齢による影響で、年齢を重ねるとともに爪の水分が徐々に蒸発していき、硬くなって縮んでいくため、巻き爪になることが多いのです。

 

生まれたての赤ちゃんの爪を見てみれば一目瞭然なのですが、肌だけではなく爪にもたっぷりと水分が含まれているため、非常に弾力があります。

 

加齢によって肌や爪の水分が失われ、シミやシワが多くなったり、巻き爪が引き起こされやすくなるのは自然な現象なので、これは仕方がないでしょう。

 

しかし、高齢者の巻き爪の原因はこれだけではなく、外的な要因に左右されることが多くなっております。

 

高齢者の方は若い方と比べて歩くことが少なくなり、足指や爪にかかる圧力が足りなくなって、どんどん爪が巻いていくのです。

 

巻き爪の大きな原因として、自分に合わない靴による足指への圧迫が挙げられますが、実は圧力をかけなさ過ぎても巻き爪の原因となることがあるので、十分に注意しなければなりません。

 

高齢者の方は加齢による影響で爪が巻いていき、更に歩行時間が減ることで巻き爪の症状が悪化し、痛みが引き起こされるということで、より歩行時間が少なくなるという負のスパイラルに陥る可能性が高いので、巻き爪ブロックの使用をおすすめします。

 

巻き爪ブロックは、炎症や化膿を引き起こしていなければどんなタイプの巻き爪にも対応しており、バネで爪を持ち上げることによって痛みを軽減してくれるのです。

 

自宅で簡単に矯正できるグッズとなっているので、是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

また、高齢者の方は足元に気をかけないという方が多く、「爪が伸びていても気にしない」「爪の変形が引き起こされていても気にしない」という傾向にあるため、知らないうちに巻き爪の症状が進行していることがあるのです。

 

もちろん、人によって個人差が生じる部分なので何とも言えませんが、足の爪のお手入れを怠ることで巻き爪になる可能性がある以上、しっかりとケアをしていかなければなりません。

 

上記でも説明致しましたが、爪の水分が失われることが高齢者の巻き爪の大きな原因なので、日頃から爪周りの保湿を心掛けるべきです。

 

ハンドクリームやボディクリームなど、お手持ちのもので爪のお手入れを日頃から入念に行っていきましょう。

「巻き爪の原因」についてのページ