巻き爪と靴

巻き爪と靴について

巻き爪の原因の一つとして、靴が挙げられます。

 

女性の方はデザインを重視して、パンプスやハイヒールといった先端が細くなっている靴を履いている方がいらっしゃると思われますが、このような靴で長時間歩き回ったりすると、足の指と爪が圧迫される形となり、徐々に巻き爪になってしまうのです。

 

また、これは女性だけではなく男性にも言えることなのですが、自分に合わない小さめのサイズの靴を履くことにより、足が圧迫されて徐々に爪の形が変形し、巻き爪や陥入爪になります。

 

「巻き爪を予防するためには大きな靴を履けば良いの?」という疑問を抱く方がいらっしゃいますが、決してそうではなく、大きめのサイズの靴を履くと足が靴の中で擦れ、無駄な圧力がかかることで巻き爪が引き起こされるのです。

 

以上のように、デザインだけで靴を選ぶと痛い目を見る可能性が高いので、しっかりと自分の靴のサイズを見極めなければなりません。

 

既に巻き爪が引き起こされているという方は、靴を替えても爪の曲がりは改善できないので、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックの使用をおすすめします。

 

巻き爪ブロックを使用すれば、少しずつ湾曲した爪でも改善できるので是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

巻き爪の方の靴選びについて

上記で説明したように、靴のサイズが合っていないということで巻き爪が引き起こされる可能性が高いので、靴選びが非常に重要となります。

 

どのような靴を選べば良いのか分からないかもしれませんが、実にシンプルで合わせるのは長さと幅です。

 

目安としては、片足で立ち、親指が当たってしまうような靴は、長さが足りないと仮定できるので、つま先に1〜1,5cm程度の余裕がある靴を選びましょう。

 

逆に余裕がありすぎると爪や関節が変形するトラブルの大きな原因となるので、靴選びには十分に注意してください。

巻き爪と靴下について

自分に合わない靴で巻き爪が引き起こされるだけではなく、実は靴下やストッキングも同様に原因の一つとなり得ます。

 

サポート力が高い靴下やストッキングを常用しているという女性の方は、知らず知らずのうちにつま先が圧迫された状態となり、爪が伸びる時に肉にめり込んでしまうのです。

 

そのため、巻き爪を予防するためにも、少し余裕をもたせたサイズの靴下やストッキングを履くようにしてください。

 

そして、少しでも自分の指や爪に違和感を感じたら、病院へと行くのが良いと思われます。

「巻き爪の原因」についてのページ