巻き爪と麻痺

巻き爪と麻痺について

巻き爪は痛みが引き起こされてから対処しようとしている方がいらっしゃいますが、少しでも指や爪に違和感を覚えた段階で対処をするべきです。

 

テニスやスノーボード、スキーといった足の指に大きな負担がかかるスポーツをしている時は、巻き爪が引き起こされていると爪が圧迫されて痛みを感じるかもしれませんが、感覚が麻痺しているという方は巻き爪でも痛みを感じません。

 

また、普通に生活をしていて痛みを感じないとしても、過度に圧迫されていたことが原因で感覚が麻痺し、痛みを感じなくなっている可能性も十分にあります。

 

痛みがないからといって巻き爪を放置していると、自分では気が付かない間に症状が進行し、患部が膿んだり炎症を起こしたりして、急に激しい痛みに襲われるということもあるのです。

 

中には巻き爪によって歩くことさえ困難になったという方はいらっしゃるので、巻き爪を甘く見てはいけないということがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

感覚が麻痺しているかどうか、自分では判断がつかない場合があるので、爪の状態を定期的に確認し、少しでも曲がっていると感じたのであれば、何かしらの対処を行う必要があります。

 

そこで、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックが最適です。

 

巻き爪ブロックは信頼できる工業用のバネを使用し、負担が少ない適度な力で爪を上へと持ち上げてくれます。

 

マニュアルに従えば、簡単に自宅で器具を爪に取り付けることができるので、是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、実は下半身麻痺を患っているという方は、詳しい原因は分からないものの、巻き爪に悩まされることがあります。

 

特に原因が見当たらないので、奇怪な現象であると言えるのですが、爪が丸まるように伸びていく特徴があり、激しく変形する場合もあるので、そのような場合は病院での手術が必要です。

 

「下半身麻痺の方は痛みが引き起こされないの?」という疑問を抱く方がいらっしゃいますが、麻痺で運動ができていないとしても、知覚が残っていれば激痛が走ることがあります。

 

また、知覚が残されていないと、炎症や化膿が引き起こされても症状を自覚することができにくくなるので、重症化しやすいので十分に注意が必要です。

 

下半身麻痺の原因は人によって違いが生じておりますが、一人で治すのは非常に困難であると言われているので、誰かの助けを得てリハビリテーションなどを利用するのが良いでしょう。

 

整体やマッサージに行くという方法もあります。

「巻き爪の原因」についてのページ