巻き爪とマニキュア

巻き爪とマニキュアについて

女性の中でマニキュアやペディキュアが流行っており、美容のためには欠かせない処置の一つとなっております。

 

しかし、オシャレで楽しむためのマニキュアにより、巻き爪の症状を悪化させる原因となっている可能性があるため、使用には十分に注意しなければならないのです。

 

巻き爪は遺伝や加齢、爪の切り方や履いている靴の形が大きな原因だと言われており、マニキュアで直接的に症状が悪化するわけではありません。

 

それに、マニキュアは爪を保護する役割も同時に持ち合わせているため、一概に悪いとは言い切れないのです。

 

それでも、マニキュアを長期間に渡って塗布していると爪が徐々に乾燥していき、水分を失うことによってだんだんと内側に巻いていきます。

 

爪は乾燥すると縮んで巻き爪になりやすいという特徴があるため、マニキュアの使いすぎには十分に注意しなければならないのです。

 

確かに、カラフルなネイルアートは目を見張りますし、少しでも綺麗な自分でいたいという女性の気持ちは大いに分かります。

 

爪は健康をはかるバロメーターだとも言われているので、既に足の親指に巻き爪が引き起こされているという方は、できる限りマニキュアの使用を避けた方が良いのです。

 

もちろん、マニキュアの使用を控えても、一度巻き爪になった親指が自然と元の状態に戻るまでには長い時間がかかるため、当サイトでご紹介している巻き爪ブロックの使用をおすすめします。

 

既に10万個を売り上げている人気グッズの一つとなっており、4種類の矯正力からあなたの症状に合わせてピッタリの強さが選べるので、一度公式サイトで巻き爪ブロックの詳細を確認してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、マニキュアにはビニールのような合成ポリマーを貼り付けて楽しむオシャレということで、爪にとって良い影響だとはあまり言えません。

 

それに、ニトロセルロースという成分が配合されているマニキュアは、爪を構成しているタンパク質を黄色く変色させ、脂肪分を奪って健康を害すという特徴があるため、巻き爪の症状が悪化しやすくなるのです。

 

また、マニキュアを除去するための除光液(溶剤)も水分を一緒に拭き取るという性質があり、爪の表面が乾燥して巻き爪の症状を悪化させるのではないかと考えられております。

 

つまり、1年中に渡ってマニキュアを付けたり外したりという行為を行っていると、爪の健康が損なわれる可能性が高いため、たまには休ませてあげなければならないのです。

 

長期間に渡って付けっぱなしにしないだけではなく、爪の乾燥や黄ばみを防ぐためのベースコートの使用も最適なのではないでしょうか。

 

そして、除光液(溶剤)を使用した後の爪の乾燥を防ぐために、保湿効果の高い化粧水などを使って潤いを与えて巻き爪を予防してみてください。

「巻き爪の原因」についてのページ