水虫が原因の巻き爪

水虫が原因の巻き爪について

爪白癬(つめはくせん)と呼ばれる爪の水虫が原因で、巻き爪が引き起こされる可能性があるということをご存知ですか。

 

爪水虫は、白癬菌と呼ばれるカビの一種で、爪の中に侵入し菌糸を作ることで爪水虫となります。

 

爪の中に黴菌がいると考えると恐ろしいかもしれませんが、実は日本人は約10人に1人が爪水虫にかかっていると言われており、これが原因で巻き爪が引き起こされているのです。

 

爪水虫の初期症状は、爪の中に白っぽい筋ができて白く濁り、症状が進行するにつれて黒くなったり茶色くなったりします。

 

だんだんと爪がボロボロになり、変形が生じるようになるので、爪水虫によって巻き爪が引き起こされるという仕組みです。

 

爪水虫の大きな原因である白癬菌が最初から爪の中に入り込むことはありませんが、爪には神経が通っておらず、自覚症状もほとんどないため、異常が引き起こされていることに気が付かずに放置する方が多くなっております。

 

爪水虫は早期発見・早期治療が望ましく、巻き爪を予防するために必要不可欠なのですが、感染していてもかゆみなどは特に表れないので、非常に厄介な病気であると言えるでしょう。

 

実際に、爪水虫に感染している方の多くは、同時に巻き爪も引き起こされていると言われており、巻き爪を矯正するための治療と並行して、爪水虫を除去していかなければならないのです。

 

一度爪の中に侵入した白癬菌は、髪の毛や爪の主成分であるケラチンを栄養源として増殖していくので、市販の薬で対処するのは難しくなっております。

 

そのため、爪水虫で悩んでいるのであれば、早めに皮膚科を訪れ、処方される飲み薬で改善していかなければなりません。

 

巻き爪を改善するためにも爪水虫を治さなければならないのですが、白癬菌は繁殖すると足だけではなく、身体のあちこちで水虫が引き起こされてしまうのです。

 

何気なく足をかいているうちに、手の爪にも白癬菌が感染し、かゆみが引き起こされるということは十分にあり得るため、早めに専門医から処方された飲み薬で対処する必要があります。

 

ただし、飲み薬は肝臓に大きな負担がかかるため、服用する前と1ヶ月〜2ヶ月ごとに血液検査が行われるのです。

 

それに、医師から詳しく説明があると思われますが、爪水虫を治す飲み薬は数%の確率で副作用が引き起こされるので、何か身体に異変が起きたという場合は、直ぐに担当の医師に診せた方が良いでしょう。

「巻き爪の原因」についてのページ