巻き爪と雑菌

巻き爪と雑菌について

巻き爪は爪が湾曲して痛みが引き起こされるだけだと思っている方はいらっしゃいますが、爪の角によって皮膚が傷つけられ、そこから雑菌が侵入して化膿することがあります。

 

思っている以上に爪は鋭利な刃物となるので、皮膚を傷つけることが多いのです。

 

特に足の爪には汚れが溜まりやすく、その部分を爪ごと切り落とそうとすると、多くの場合は深爪になってより巻き爪が引き起こされやすくなります。

 

更に、爪の端を切り落とせないという場合はトゲが残り、それが皮膚の肉に刺さって傷口ができてしまうというわけです。

 

その傷口を直ぐに消毒できれば良いのですが、私たちの皮膚には目には見えないたくさんの雑菌が棲んでおり、その雑菌が傷口から入り込んで炎症を引き起こしてしまいます。

 

初期段階である炎症期であれば皮膚が赤みを帯びたり、軽く腫れる程度なのでそこまで心配する必要はありませんが、このような症状を放置することで炎症部が化膿して、ジュクジュクと粘り気のある液体が出てくるのです。

 

もし、巻き爪によって皮膚が化膿した場合は、炎症を引き起こしている箇所の改善が必要不可欠なのですが、自己判断でマキロンといった市販の消毒液を使用してケアを行うのはあまりおすすめできません。

 

清潔に努めることは非常に大事なのですが、大した知識もない素人が自分の判断で化膿した部分のケアを行うと、更に症状が悪化する可能性があります。

 

思わぬトラブルが引き起こされることも十分にあり得るので、雑菌の繁殖を防ぎ炎症を鎮めるためには、きちんと専門医に診せた方が良いのです。

 

病院では巻き爪によって引き起こされた炎症を鎮めるために、専門的な治療を行ってくれるので、早めに診せるに越したことはありません。

 

雑菌によって化膿した状態が軽度であれば、脱脂綿を自分で丸めて親指と爪の間に入れるコットンパッキングという方法も効果的なのですが、それで大きな変化がないのであれば、直ぐに中止して病院へ行くべきです。

 

とは言え、一番大事なのは、どのように炎症を改善するかではなく、炎症自体が引き起こされないように巻き爪のケアを行うことなのではないでしょうか。

 

このサイトでは巻き爪を改善する巻き爪ブロックという矯正グッズをご紹介しております。

 

1日や2日で治るものではありませんが、特殊なバネである巻き爪ブロックを使うことで湾曲した爪を元通りに戻せるので、積極的に試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

「巻き爪の原因」についてのページ