巻き爪が悪化したら?

巻き爪が悪化したら?

「巻き爪が悪化したらどうしよう」と嘆いている方はいらっしゃいますが、何も対処せずに放置していると、症状がどんどん悪化する傾向にあります。

 

巻き爪の初期症状は、少し爪が丸まったような状態を指すのですが、悪化することによって爪の尖った部分が周辺の皮膚に食い込み、激しい炎症や化膿を引き起こすようになるのです。

 

軽く指が腫れていたり痛みが出ているような段階であれば、靴の選び方や歩き方を改善することで痛みを和らげることはできますが、何も処置を施さないとどんどん悪化して傷つけられた皮膚の一部から細菌が進入し、手術をしなければならなくなります。

 

それに、骨に細菌が侵入して、痛みや倦怠感といった症状が全身に引き起こされる骨髄炎にかかることもあるのです。

 

ここまで症状が悪化することは稀なのですが、切開して膿を出さなければならないので、大掛かりな手術になることも覚悟しておかなければなりません。

 

もちろん、症状が悪化する前に正しい措置を施していれば、巻き爪は怖い病気ではないと言えます。

 

そこで、「少し爪の形が変かな」と違和感を持った段階で、巻き爪ブロックを使用してみてください。

 

巻き爪ブロックは自宅で巻き爪や陥入爪を矯正できるグッズで、バネを装着するだけの簡単な措置というところが大きな特徴となっております。

 

お一つ3,000円とお求めやすい価格設定となっているので、巻き爪の症状が悪化する前に使ってみましょう。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪が悪化していくと、最終的に肉芽と呼ばれる赤い肉の塊が形成されるようになります。

 

この肉芽は出血を起こしやすいということに加え、次第に大きくなっていくので非常に厄介な存在なのです。

 

ここまで症状が悪化すると常時痛みが引き起こされるようになり、その痛みをかばうために不自然な歩き方をすることが多くなって、地面から受ける衝撃を吸収し切れないまま、膝や腰に知らず知らずのうちに負担がかかります。

 

このように、巻き爪と思って甘く見ていると、症状が悪化することによって腰痛や膝痛の大きな原因となるので、十分に注意しなければなりません。

 

上記でご紹介した巻き爪ブロックは効果的なのですが、肉芽が形成されているような状態では手術が必要となる可能性も十分にあるので、自宅でのケアではなく、病院での診察を受けることをおすすめします。

 

しかし、早い段階で然るべき措置を施していれば、病院での治療が必要なわけではないということを頭に入れておいてください。

「巻き爪に関する疑問」についてのページ