巻き爪が炎症したら?

巻き爪が炎症したら?

「巻き爪が炎症を引き起こしたらどうすれば良いの?」という疑問を抱える方がいらっしゃいますが、直ぐに病院へと行くことをおすすめします。

 

巻き爪は日々の生活によってだんだんと爪が曲がってくる症状のことを指すのですが、急に炎症が引き起こされるというわけではありません。

 

最初は痛みもなく、少し爪に違和感を感じるだけなのですが、爪の縁側にある尖った部分が皮膚を傷つけることによって、炎症が引き起こされてしまいます。

 

初期段階の巻き爪であれば、人によっては見過ごしてしまうことがありますが、炎症期に突入すると周りの皮膚が炎症を起こして痛みや腫れといった症状が表れるため、症状に気が付かないということはないはずです。

 

この段階であれば手術をせずに改善することはできるかもしれませんが、雑菌などが入り込んで化膿すると非常に厄介で、切開しなければならないケースもあります。

 

中には、自己判断で消毒をして、抗生物質の塗り薬を使って応急処置をしている方がいらっしゃいますが、正確な薬の用法と用量を把握していないと、更に炎症が進むということもあるため、専門医の診断に委ねるべきです。

 

必ずしも病院での診察を受けなくても、脱脂綿を爪の中に丸めて入れるコットンパッキングといったケアを行うことで、炎症を抑えて巻き爪も改善できるのですが、病院へと行くのが最善の選択だということは間違いありません。

 

また、巻き爪の炎症がそこまで酷くないというのであれば、当サイトでご紹介している巻き爪ブロックも最適です。

 

自分の爪の形に合わせてサイズを変えることで、上手くフィットするグッズを使用できるというところが優れております。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

巻き爪になると必ず炎症を引き起こすというわけではなく、多くの場合は症状が進んだことによって様々な異常が起きてしまうのです。

 

巻き爪になったとしても早めに矯正グッズなどで対策を打つことで、炎症を防げます。

 

このサイトではバネで巻き爪を矯正するグッズをご紹介しておりますが、病院ではワイヤーやプレートを使用した矯正や特殊な薬剤を使用した治療など、個人の症状に合わせて対処できるのです。

 

どの方法で対処したとしても、炎症が引き起こされる前に措置を施せば、巻き爪は改善が難しいような病気ではありません。

 

巻き爪の治療は予約が必要な病院が多く、お仕事の関係上直ぐに行けないという方もいらっしゃいますが、炎症が起きてからでは遅いということを頭に入れておいてください。

「巻き爪に関する疑問」についてのページ