巻き爪が壊死したら?

巻き爪が壊死したら?

「巻き爪が壊死することはあるの?」という疑問を抱く方がいらっしゃいますが、その可能性は十分にあります。

 

巻き爪の症状を放置していて炎症や化膿が引き起こされると、炎症反応による病変の一つである肉芽が形成され、それでも放置していると壊死することがあるのです。

 

もちろん、早めに巻き爪の対処を行っていれば、ここまで症状が悪化するということはありませんが、壊死して切断しなければならなくなるかもしれません。

 

もし、肉芽が形成されているのであれば、巻き爪の矯正というよりも、その肉芽を取り除く治療を最初に行っていく必要があります。

 

病院で肉芽に処置を施すという場合、「メスを使用して切除する」「レーザーで切除する」「硝酸銀を使って肉芽を壊死させる」「クエン酸で焼く」といった方法が取られていますが、個人によって適した施術は異なるので、専門医の指示に従ってください。

 

術後のトラブルも方法によって異なるので、どの方法が一番自分にとって負担が少ないのかきちんと説明を受けてから、治療を行っていくべきです。

 

仮に巻き爪が壊死してしまったとしても、絶対に治せないということはないので、諦めないで治療に励む必要があります。

 

爪や指の組織が壊死してしまったような状態であれば、自宅でのケアは無理なのですが、巻き爪の初期段階であれば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックで完治は十分に可能です。

 

ただバネを装着するだけの簡単な手順であるのにも関わらず、激しく湾曲した爪にも効き目があるグッズなので、一度試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪はだんだんと痛みが引き起こされることがあるのですが、この段階で治療を始めていれば、壊死することは絶対にありません。

 

皮膚が炎症や化膿しているのにも関わらず、何も措置を施していないと壊死することは少なからずあるかもしれませんが、「自分のサイズにあった靴を履く」「深爪をしないように爪の切り方に気を配る」「自宅で改善できる矯正グッズを使ってみる」「病院で専門医の診察を受ける」といったケアを行えば、壊死という最悪の事態は防げるはずです。

 

ただし、糖尿病の患者さんは、巻き爪によって生じた小さな傷によって、そこから足が壊死しやすいと言われているので、正常な人よりも念入りにフットケアを行う必要があります。

 

それに、高齢者の方も体力が落ちることで細菌が繁殖しやすいので、足の爪に異常がないかどうか念入りなチェックが大切です。

「巻き爪に関する疑問」についてのページ