巻き爪で激痛が走ったら?

巻き爪で激痛が走ったら?

巻き爪の初期段階であれば激痛が走るということは滅多にありませんが、靴のつま先が細すぎると足の指が過度に圧迫される形となり、だんだんと爪の変形が進んでトゲのようになり、これが皮膚の肉に食い込むことで痛みを伴うことがあります。

 

最初はチクチクとした痛みが引き起こされることが多いので、特に気にする必要はないと思い込み、放置してしまう方が少なくないのですが、徐々に炎症を引き起こして傷口から黴菌が侵入し、化膿すると激痛が走ってしまうのです。

 

傷口から黴菌が侵入すると、化膿した組織を修復しようとして、肉芽が盛り上がります。

 

この段階でも適切な措置を施せば改善は十分に可能なのですが、放置すると症状はどんどん悪化して激痛を伴うようになるというわけです。

 

巻き爪で激痛が引き起こされるのは相当ですが、フットケアを何も行っていなければ激痛によって歩行が困難になることも十分にあり得るので、巻き爪のケアを怠ってはいけないということがお分かり頂けるでしょう。

 

そこで、病院を受診すれば色々な巻き爪の解消法を掲示してくれると思われますが、お仕事などで忙しく通う時間がないという方はいらっしゃるので、そのような方には巻き爪ブロックが最適です。

 

巻き爪ブロックは通販で販売されている解消グッズで、自宅でバネを装着することによって、少しずつ湾曲した爪を平らに戻せます。

 

短期間で巻き爪を改善できると言い切れるわけではありませんが、激痛を和らげる効果が期待できるので、是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、多くの方は足の指などに激痛が引き起こされてから何かしらのケアをしようと考えている方がいらっしゃいますが、そのような状態になってからでは遅いのです。

 

巻き爪の原因として水虫菌が挙げられ、爪白癬と呼ばれる細菌が繁殖することで爪の形が変形し、巻き爪が引き起こされるのですが、飲み薬で爪白癬を退治しているうちに徐々に巻き爪が治るケースは少なくはありません。

 

しかし、全ての方が水虫によって引き起こされているというわけではなく、基本的に一度曲がった爪が自然と平らに戻るということはないので、何かしらの対処を行わなければならないというわけです。

 

ここで間違ったケアを行ったり、何も行わずに放置したりしていると、最終的に激痛が走って日常生活に大きな支障が出てしまうので、十分に気をつけなければなりません。

 

これは巻き爪に限った話ではありませんが、思わしくない症状が引き起こされる前に病気の予防をしなければならないのです。

「巻き爪に関する疑問」についてのページ