巻き爪が内出血したら?

巻き爪が内出血したら?

足の親指の爪が湾曲したようになる巻き爪は、内出血することがあります。

 

押すと痛みが引き起こされる可能性が高いのですが、これはハイヒールや先端の細い靴によって爪が圧迫されているからだと説明できます。

 

伸びてきた爪が皮膚の中に食い込み、傷つけられたことで内出血が起こっているのです。

 

この内出血を改善するには巻き爪自体を治す必要があり、そのまま自然に解消されることはないと考えて良いでしょう。

 

巻き爪で悩まされている方全てが内出血を引き起こすというわけではありませんが、巻き爪が自然に解消されるというのは非常に珍しく、多くの場合は何らかの措置を取らなければ改善は難しいと言えます。

 

巻き爪だからといって病院で手術をしなければならないというわけではありませんが、症状が進行するにつれて治すのにも時間がかかり、専門的な手術を行わなければならないと医師から説明を受けることがあるかもしれないので、早めに対応することが大切です。

 

巻き爪を治す措置として色々な方法が出回っておりますが、その中でも特殊なバネを使用して爪を持ち上げる巻き爪ブロックがおすすめとなっております。

 

爪の両端が皮膚に食い込み、痛みを伴うことがあるのですが、巻き爪ブロックがその現象を防いでくれるというわけです。

 

自宅で気軽にケアできるというメリットも持ち合わせているので、症状が悪化する前に使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、ただ巻き爪が引き起こされているというだけではなく、内出血が起こっているという方は、爪が圧迫されすぎている傾向にあります。

 

女性の方はハイヒールを履くことが多いかもしれませんが、先の尖った靴は皆さんが思っている以上に指の爪に大きな負担がかかり、更につま先に重心がかかる歩き方を長期的にしていると、内出血が引き起こされてしまうのです。

 

そのため、なるべく足に負担のかからない靴を選び、かかとから地面に着地するような歩き方を行う必要があります。

 

多くの方はデザインで靴を選ぶと思われますが、その選び方によっては巻き爪になる確率がアップするということを頭に入れておかなければなりません。

 

また、爪を伸ばしすぎているという方は爪が乾燥しやすく、巻き爪の症状が進行してしまうので、小まめにお手入れをしてください。

 

とは言え、爪を切りすぎてしまうと、今度は深爪となり、陥入爪になる危険性が高まるので、爪の先端の白い部分を1〜1,5mm程度残すような切り方を実践しましょう。

「巻き爪に関する疑問」についてのページ