巻き爪は再発するの?

巻き爪は再発するの?

巻き爪は一度治しても再発するのかどうか、不安を抱えている方はいらっしゃいます。

 

巻き爪は残念ながら病院を受診してワイヤーやプレートを使って矯正したとしても、個人の体質によっては再発するケースがあるのです。

 

フェノール法といった外科的な手術を受けても再発する確率は0%ではありませんし、痛みを引き起こさないためにも治療だけではなく予防が欠かせないと説明できます。

 

ワイヤーを使用した巻き爪の矯正の場合、治療期間は約半年間ですが、ワイヤーを取り除いた後に爪を平らに維持できなければ再発しますし、その確率は約20%程度です。

 

とは言え、消毒液を用いて爪の根っこの部分である爪母を除去するフェノール法であれば、再発率を5%に抑えられるので効果的な治療だと言えるかもしれません。

 

外科的手術ということでリスクが高いのではないかと不安を抱えている方はいらっしゃいますが、手術時間は約10分と患者さんの身体にかかる負担は少なく、術後の痛みも最小限に抑えられるのが大きなメリットです。

 

せっかく治療や矯正で巻き爪を完治させられたとしても、再発すると聞くと安心して暮らすことができないかもしれませんが、治療方法によっては再発を最小限に抑えることができるのではないでしょうか。

 

そこで、病院での治療や矯正の後に再発を少しでも防止するために、当サイトでご紹介している矯正グッズの巻き爪ブロックの使用をおすすめします。

 

巻き爪の矯正だけではなく予防にも適したグッズとなっており、足の親指に装着するだけなので、是非一度巻き爪ブロックを使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、仮に巻き爪を治療して再発したとしても、命に関わるような病気ではありませんし、また根気良く矯正すれば元の正常な状態に戻すことができます。

 

とは言え、何回も矯正や治療を繰り返すのは大きな負担となりますし、放置していれば痛くて歩けないという事態が引き起こされるケースも少なくありません。

 

そのため、親指の爪が変形してから何かしらの治療を施すのではなく、普段の生活で予防ケアを心掛けなければならないのです。

 

上記でご紹介した巻き爪ブロックの使用だけではなく、「深爪を避ける」「窮屈な靴を避ける」「運動不足を解消する」という予防ケアが非常に適しております。

 

特に、爪をカットする際に深爪のクセが付いていると爪が皮膚に食い込んで陥入爪へと発展するかもしれないので、爪を真横に切って角を少しだけ切り落とすスクエアカットを実践してみましょう。

「巻き爪に関する疑問」についてのページ