巻き爪は生まれつきなの?

巻き爪は生まれつきなの?

「巻き爪は生まれつきなの?」という質問をされる方はいらっしゃいますが、遺伝による影響も少なからずあると説明できます。

 

基本的に後天的な要因によって巻き爪は引き起こされると言われておりますが、顔の形が親と似るように、爪の巻き具合が生まれつき親に似るということが考えられるので、その影響で巻き爪が引き起こされるケースもあるのです。

 

それに、爪の厚さや形も親に似るという傾向があるので、両親のどちらかが巻き爪を引き起こしやすい体質の場合、その遺伝子が高確率で引き継がれる可能性は十分にあります。

 

赤ちゃんでも巻き爪が引き起こされることはあるので、生まれつき巻き爪に悩まされることがあるというわけです。

 

とは言え、それでも後天的な要因の方が強いというのは事実なので、爪を圧迫させないような靴を選んだり、歩き方を改善してつま先への負担を最小限に抑えていれば、巻き爪に悩まされることは少なくなるのではないでしょうか。

 

生まれた時点で巻き爪になっているという赤ちゃんはいないので、親御さんが赤ちゃんの爪のケアを怠っていなければ、巻き爪になりやすい遺伝子を受け継いでいたとしても、心配する必要はないのです。

 

もし、生まれつき巻き爪になりやすい方が発症したとしても、巻き爪ブロックでケアを行っていれば最悪の事態は防げます。

 

巻き爪は手術をして入院しなくても、自宅で矯正グッズを使用していれば少しずつ症状を抑えることができるのです。

 

そのアイテムとして、巻き爪ブロックは非常に優れているので、爪が皮膚に食い込んで炎症を引き起こさないうちにケアをしてみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪の初期段階であれば、自宅で矯正グッズを使用することで、曲がった爪を正常な形にして皮膚に食い込むのを防いでくれますが、炎症を起こして化膿しているという場合は、そのようなグッズで改善できないことがあります。

 

頻繁に痛みが引き起こされているようであれば、炎症している可能性が高く、そのような場合は早めに医療機関に行って専門的な治療を受けるべきです。

 

病院へ行っても必ずしも手術が行われるというわけではなく、矯正器具を使用しての治療もあるので、信用できる治療法を施してくれる病院を探すようにしましょう。

 

あまりにも遠い病院へは行けないかもしれませんが、適当に選ぶときちんとした施術を受けられないという場合があるので、ホームページなどを参考にして幾つかの病院をピックアップするべきです。

「巻き爪に関する疑問」についてのページ