巻き爪がズキズキと痛む時は?

巻き爪がズキズキと痛む時は?

巻き爪は基本的に足の親指の爪の両端が湾曲した状態のことを指し、年齢や性別に関係なく引き起こされます。

 

他の足の指や手の指が巻き爪になるという方はいらっしゃるものの、最も大きな負担が加わるのが足の親指なので、この部位に巻き爪が生じるというメカニズムです。

 

巻き爪だけであれば見た目が悪くなるだけなのでそこまで大きな問題はないのですが、あまりにも湾曲が激しくなるとズキズキとした痛みを感じることがあります。

 

ズキズキとした痛みであればまだしも、患部が炎症を引き起こして歩く度に痛みを覚えるという方も少なくありません。

 

その痛みがストレスを増幅させますし、巻き爪は自然と解消されるような症状ではないので、きちんと矯正しなければならないのです。

 

自宅でも病院でも巻き爪を矯正することはできますし、長い時間をかけなくても正常な爪の形を維持することができます。

 

ズキズキとした痛みであれば、そこまで巻き爪の症状が悪化しているわけではないので、早めに対策を行えば特に問題はないのではないでしょうか。

 

そこで、自分で巻き爪を矯正したいという方のために、当サイトでは通販で販売されているグッズの巻き爪ブロックをご紹介しております。

 

巻き爪ブロックを足の親指に装着するだけで、バネの力で上に引っ張り上げ、ズキズキとした痛みを和らげるとともに巻き爪自体の矯正にも繋がるので、是非一度使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、自分の親指をチェックしてみて巻いたような感じになっているのであれば、できる限り早めに対策を練った方が良いと説明できます。

 

今は特に重大な症状で悩まされていないとしても、これから巻き爪の症状が少しずつ悪化し、ズキズキと痛みを感じるようになるかもしれません。

 

具体的に、「爪の角が切り込んでいる」「端の左右のバランスが悪い」「表面のカーブが強い」「腫れや痛みが強い」「患部に赤みがある」という方は、症状を悪化させないための対策が必要なのです。

 

もちろん、患部が炎症を引き起こして化膿し、ズキズキどころの痛みではないのならば自宅であれこれと対策を練るのではなく、病院を受診した方が良いでしょう。

 

専門医の指示に従って塗り薬などを患部に塗布していれば炎症や化膿はおさまっていきますし、あなたに合った巻き爪の矯正方法を紹介してくれます。

 

巻き爪の治療を病院で行う場合、保険が適用される処置と保険が適用されない処置に分けられるので、詳しい話は専門医に伺ってみてください。

「巻き爪に関する疑問」についてのページ