巻き爪矯正の費用

巻き爪矯正の費用について

巻き爪矯正にはどのくらいの費用がかかるのか、疑問に思っている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

実際のところ自宅で矯正をしたとしても、病院で治療を受けたとしても膨大な費用はかからないのですが、病院の場合は保険が適用されるかでかかる費用が異なります。

 

基本的に巻き爪の矯正は保険外と定めているところが多いのですが、巻き爪を完治させるまでは数万円程度と考えてください。

 

施術の方法によってかかる費用は異なるので一概には説明できませんが、プラスティック板を爪の表面に貼り付けるB/Sスパンゲという施術は、初診料などを含めて1回につき5,000円程度となっております。

 

病院によってもかかる費用は異なるのですが、症状が重いという方はもっと大きな費用がかかりますが、1回につき8,000円程度です。

 

この金額を聞いて安いと思う方は多いかもしれませんが、1ヶ月に1回のペースでプラスティック板を張り替える必要がありますし、場合によっては2枚以上貼る可能性も十分にあるので、合計で数万円程度の費用がかかるという計算となっております。

 

それでも、爪の巻き込みが強く、腫れているという症状を放置していると更に治療が困難になるので、早めに対処しなければなりません。

 

中には、病院やネイルサロンに行く時間がないという方がいらっしゃいますが、そのような方には当サイトでご紹介している巻き爪ブロックがおすすめとなっております。

 

巻き爪ブロックであれば、3,000円という費用で矯正を行えるのです。

 

元の長さよりも1mm以上伸びたら新品と取り替えなければなりませんが、それでも病院で施術を行うよりも圧倒的に安い費用で巻き爪の矯正ができるので試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、もう一つの巻き爪矯正のメジャーな方法として、爪に2つの穴をあけてそこからワイヤーを通す施術があります。

 

ワイヤーが持ち合わせている形状記憶機能を利用し、曲がった爪を正常な状態へと戻すことが可能というわけです。

 

こちらの治療も保険が適用されないので、初診では1万円〜1万5千円程度の費用がかかり、通院の度に数千円程度必要となります。

 

とは言え、場合によっては施術費用以外にワイヤー交換料などが必要なので、数万円以上は確実にかかると頭に入れておきましょう。

 

上記で紹介している巻き爪ブロックであれば、ワイヤー法よりも格安の費用で巻き爪を矯正できますし、自宅でケアができるので試す価値は大いにあります。