巻き爪矯正は保険が適用されるの?

巻き爪矯正は保険が適用されるの?

巻き爪を矯正しようとしている方は、「どの程度の費用がかかるのか?」「病院での治療は保険が適用されるのか?」という疑問を抱くはずです。

 

病院では両方の施術が行われているのですが、一般的に保険が適用されない治療が多いので、全ての費用を自費で負担する必要があります。

 

「とんでもない費用がかかるのではないか?」と不安になるかもしれませんが、保険適応外の治療であったとしても美容整形のような莫大な費用がかかるというわけではありません。

 

巻き爪の症状の重さやクリニックによって定められている料金は異なるので一概には言えませんが、どんな施術であったとしても5万円以上かかることはないのです。

 

さて、一般的に保険が適用される巻き爪の矯正方法としては、フェノール法という施術が挙げられます。

 

以前は巻き爪の症状が進行している場合、爪の横の皮膚をメスで切り取って縫い合わせるという治療が行われていましたが、フェノール法は薬剤を使って爪の根本を焼いて矯正していくのです。

 

施術時間が短く、保険診療ということでスタンダードな巻き爪治療であることには違いありませんが、他の治療法と比べて痛みが引き起こされる可能性があります。

 

以前に行われていたメスを使用した方法よりかは痛みは少ないものの、局所麻酔で施術を行っていくため、麻酔が切れた後に人によっては激しい痛みが引き起こされてしまうというわけです。

 

一方で保険が適用されない病院での治療としては、特殊なワイヤーを使った方法や、プレートといった器具を爪の表面に貼り付けて矯正する方法が挙げられます。

 

使用する器具によって費用に違いが生じているのですが、相場としては巻き爪の完治までに3万円〜5万円程度を目安にすると良いでしょう。

 

ワイヤーやプレートを使用した施術は、保険が適用されないので治療費が高額になるというデメリットがありますが、手術とは違って全く痛みはないので利用する価値は大いにあります。

 

しかし、痛みなくもっと安い費用で巻き爪を矯正したいという方には、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックがおすすめです。

 

巻き爪ブロックであれば、自宅で巻き爪の矯正ができますし、かかる料金は3,000円と非常に格安となっております。

 

自分の爪に適したバネのサイズが分からないという方のために、S・M・Lの3つがセットになった製品も3,600円とお得な価格となっているので、是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら