巻き爪矯正の方法

巻き爪矯正の方法について

巻き爪を矯正する方法にはどのようなものがあるのか、ここでは詳しく説明していきたいと思います。

 

自宅で行える矯正や病院で行う治療など色々な方法が出回っておりますが、どれが正解であるか一概に説明することはできません。

 

数ある方法の中から自分に適したものを選び、継続的に矯正していくのが一番です。

 

ただし、足の巻き爪が炎症を引き起こしていたり、激しい痛みによって歩行が困難という場合は、直ぐにでも病院を訪れた方が良いでしょう。

巻き爪ブロックを使おう

自宅で巻き爪を矯正する方法の一つとして、巻き爪ブロックが挙げられます。

 

補正具を取付具にセットし、爪の横にフックをかけて反対側にバネを伸ばし、指で押さえながら装着するだけで完了です。

 

最後に付属のカバーを貼れば、靴下やストッキングに引っ掛かる心配はないので、日常生活に支障が出るということはありません。

 

「伸びなくなった爪が伸びるようになった」「巻き爪による痛みが直ぐに解消された」と素晴らしい口コミを頂いている製品なので、大きな効果を期待できるはずです。

 

巻き爪ブロックは、お一つ3,000円という格安価格で購入できるので、是非一度試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

VHO式矯正技術を利用しよう

クリニックでは、VHO式矯正技術という方法を利用し、巻き爪を治していきます。

 

VHO式矯正技術では、専用のスチール鋼を個人の爪の大きさに合わせて切り、ワイヤーを湾曲させて左右に引っ掛け、専用のフックで巻き上げるという方法です。

 

爪の横にワイヤーを引っ掛けるということで、痛いのではないかと不安になる方はいらっしゃいますが、血管が通っている真皮内まで刺すことはありませんので、痛みや出血は全くありません。

 

爪の中に穴をあけてその中にワイヤーを通すという方法と似ていますが、VHO式矯正技術の方が安全であると言えます。

 

施術当日から運動や入浴が可能なので、日常生活には全く負担がないというところが大きなメリットです。

コットンパッキングを利用しよう

病院に行く時間がないという方には、コットンパッキングという方法が適しております。

 

コットンパッキングとは、清潔な脱脂綿を小さく丸め、爪が食い込んでいる部分に入れて、巻き爪を矯正していくのです。

 

硬い爪の先端に脱脂綿を入れていくため、清潔感を保つためにもピンセットを使用した方が良いでしょう。

 

これは自宅で気軽に試せる巻き爪の矯正なのですが、初期の段階の方にのみ有効で、巻き爪の症状が進行しているという方は、他の方法を試すべきです。