巻き爪矯正の期間

巻き爪矯正の期間について

「巻き爪矯正の期間はどのくらいなの?」という疑問を抱いている方はいらっしゃると思われます。

 

巻き爪を矯正するための方法は色々とあり、それぞれ期間は異なるのですが、どの方法を行ったとしても数ヶ月はかかってしまうのです。

 

巻き爪を正常な形状に戻すためにはある程度の期間が必要で、爪の状態によって違いが生じているものの、数週間で改善できるような症状ではありません。

 

それに、巻き爪になる原因としては、「過度のスポーツによって爪に負担がかかった」「急激な体重の増加」「サイズが合わない靴を履いていた」といったことが挙げられ、急に正常な爪から巻き爪になるというわけではなく、月日を重ねるとともにだんだんと変化していくのです。

 

そのため、巻き爪を矯正するためにも、長い期間を要するということはお分かり頂けると思います。

 

初期段階は痛みが全くないということで、巻き爪を放置している方も決して少なくありませんが、痛みの発症リスクはその期間が長ければ長いほど高まり、皮膚を傷つけてそこから雑菌が入り込む可能性もあるため、早期の対処が必要です。

 

そこで、このサイトで紹介している巻き爪ブロックをおすすめします。

 

巻き爪ブロックでの矯正期間は爪の状態によって異なるものの、数ヶ月は要してしまいますが、僅か10分で皮膚に食い込んだ痛みを改善できるのです。

 

約8割のユーザーが今までとの違いに驚いているので、悩まされているという方は是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、ネイルサロンや巻き爪矯正センターでは、爪の上に器具を乗せて巻き爪を改善するペディグラスと呼ばれる施術が行われているのですが、この方法を利用したという場合でも軽度で爪の伸びが速いという方は2ヶ月〜3ヶ月、症状が重いという方は6ヶ月〜1年以上の矯正期間が必要です。

 

1ヶ月に1度の通院が必要なので、通い続けるというのは大変かもしれませんが、継続して巻き爪の治療を行わなければ再発する可能性が高く、途中で止めてしまってはあまり意味がありません。

 

矯正期間が長いということで諦めてしまう方はいらっしゃいますが、信頼できるクリニックなどで施術を受けることにより、確実に巻き爪を治すことができるでしょう。

 

それに、親切なクリニックでは巻き爪の施術だけではなく、アフターケアの方法や巻き爪を引き起こさないための予防方法などについて、詳しくアドバイスしてくれると思うので、インターネットで検索をして自分に適したところを探してみてください。