巻き爪を治す薬

巻き爪を治す薬について

巻き爪の初期治療では、鎮痛薬の内服や外用の抗菌薬軟膏を併用し、症状を抑えていきます。

 

基本的に足の親指に引き起こされることが多く、爪のサイドが巻いたような状態になっている巻き爪や、トゲのように皮膚に食い込んでいる陥入爪など人によって症状は異なりますが、放置していると痛みによって歩行が困難になる可能性も十分にあるので、直ぐに対処しなければならないのです。

 

病院に行くと飲み薬や塗り薬が処方されることがあるのですが、市販の薬に頼るということはあまりおすすめできません。

 

市販の薬には、「クロマイ-P」や「ウレパール軟膏」といった軟膏薬があり、皮膚炎の治療にも使用されているので巻き爪の症状を抑えることができます。

 

しかし、あくまでも痛みや炎症を抑えるにすぎず、根本的に改善するためには病院での手術や自宅での矯正が必要不可欠です。

 

それに、素人が自己判断で薬を服用すると思わぬトラブルが引き起こされることがあり、余計に炎症や化膿が進行することもあるので、薬を服用するという場合は専門医の指示をしっかりと受けた方が良いでしょう。

 

巻き爪の炎症や化膿が酷いという場合には、フェノール法と呼ばれる薬剤を使用した手術が病院では行われているのですが、専門医の判断で処方された薬を服用するのであれば特に問題はないはずです。

 

どちらにしても、薬を使用しなければならないという状態は、かなり症状が進行していると仮定できるので、そのような状態になる前に巻き爪ブロックでケアを行うことをおすすめします。

 

巻き爪ブロックは即効性のある方法ではありませんが、巻き爪によって引き起こされている痛みを軽減し、元の爪の状態に戻してくれるので、是非一度使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、中には巻き爪の炎症を抑える応急処置として、マキロンで消毒を行い、ガーゼと包帯で巻いているという方がいらっしゃいますが、このような方法は決しておすすめはできません。

 

このような薬を使ってはいけないというわけではありませんが、病院での治療に長い時間がかかるというわけではないので、専門医の指示を受けた方が安全なのです。

 

また、医師から詳しく説明があると思われますが、巻き爪の症状を抑えるために処方される薬の中には、下痢や胃炎といった副作用を伴うものがあります。

 

休薬すれば症状は落ち着くのですが、基本的に薬には副作用があるので、どのような症状が引き起こされるのかきちんと確認しておくべきです。

「巻き爪を治す薬」についてのページ