巻き爪とフシジンレオ

巻き爪とフシジンレオについて

とびひやヘルペスといった皮膚の症状に効き目のある抗菌薬がフシジンレオ軟膏で、皮膚科で処方されることがあります。

 

アミノ酸のタンパク質への転換に抑制的に作用し、雑菌やウイルスの増殖を抑えてくれるのです。

 

そのため、フシジンレオ軟膏は炎症や化膿した巻き爪にも効き目があり、実際に使用している方はいらっしゃいます。

 

ただの巻き爪ならば親指の爪が湾曲しているだけですし、日常生活に支障が加わることはありません。

 

しかし、巻き爪を放置していると次第に湾曲が強くなり、爪の端が皮膚に食い込んで炎症や化膿に繋がり、陥入爪へと発展していきます。

 

この状態に陥ると自然と解消するのは少々難しいため、フシジンレオ軟膏のような抗菌剤を使ってまずは炎症を食い止めなければならないのです。

 

皮膚科の専門医から詳しく説明を受けるはずですが、まずはお風呂に入って巻き爪の部分を洗って清潔に保ち、1日に数回を目安にフシジンレオ軟膏を塗布し、無菌ガーゼで貼り付けましょう。

 

また、フシジンレオ軟膏ではなく、以下のような医薬品が医師から処方されることがあります。

 

 

ドルマイシン軟膏:殺菌作用を持った成分が含まれていて皮膚疾患治療剤として使われている

テラマイシン軟膏:2種類の抗生物質が炎症や化膿といった症状を緩和してくれる

クロマイP軟膏:化膿した巻き爪の治療で使われることが多く、ステロイド成分のプレドニゾロンが優れた効果を発揮する

ベトネベートN軟膏:ステロイド成分のベタメタゾン吉草酸エステルが湿疹やかぶれを抑える

フロモックス:様々な細菌に有効な内服薬で、呼吸器や耳鼻科領域を中心に広く使われている

オゼックス:合成抗菌剤の一つで細菌やウイルスを死滅させる作用がある

 

 

塗り薬にしても飲み薬にしても、用法や用量はあらかじめ決められているので、正しい使用方法を医師から伺っておかなければなりません。

 

自己判断で使っていると巻き爪による炎症や化膿を和らげるどころか、逆に悪化する原因となるので注意が必要です。

 

特に、このページでご説明しているフシジンレオ軟膏は、継続的な使用によって感作の可能性があります。

 

とある抗原に対して過敏になる状態を感作と呼び、アレルギー症状が引き起こされる前段階と言えば分かりやすいのではないでしょうか。

 

仮にアレルギー症状が引き起こされないとしても、医薬品には何かしらの副作用があるものなので、事前に正しい使い方を把握しておくことは大事です。

 

フシジンレオ軟膏だけではなく、他の医薬品を使って巻き爪の対処をする際も十分に注意してください。

「巻き爪を治す薬」についてのページ