巻き爪とゲンタシン

巻き爪とゲンタシンについて

ゲンタシンとは基本的に細菌の感染症に使われる薬のことを指し、アミノグリコシド系の抗生物質で、様々な皮膚病の治癒に効果的なのです。

 

このゲンタシンは、巻き爪の治療にも用いられることがあり、皮膚科で専門医から処方されることがあります。

 

皮膚病の治療に有効な薬なので、巻き爪によって皮膚が炎症を引き起こした場合に使えるということはお分かり頂けるでしょう。

 

皮膚がジュクジュクしたところにはリンデロンと呼ばれる薬が使われ、化膿止めにはゲンタシンが使われることが多くなっております。

 

もちろん、個人の巻き爪の症状によってどの薬が適しているか異なるので、専門医の指示に従わなければならないのです。

 

医師の方から詳しく説明がなされると思われますが、ゲンタシンの使い方としては1日に1回〜複数回使用し、清潔なガーゼなどに薬を伸ばし、患部に塗っていきます。

 

あらかじめ塗る前に治療部位を石鹸や水で洗って乾かし、清潔に保つことが大きなポイントです。

 

ゲンタシンを使用して1週間以上経過したのにも関わらず、皮膚の症状が全く改善されないという場合は、医師か薬剤師に相談してください。

 

ゲンタシンはそこまで大きな副作用が表れる薬ではありませんが、人によってはかゆみや発疹、過敏症状を引き起こす可能性は十分にあります。

 

また、抗生物質の一種なので、長期的に服用していると耳鳴りや眩暈が生じることもあり、最悪のケースでは腎障害を引き起こすこともあるので、大量に使用しないようにしましょう。

 

とは言え、ステロイドが配合されている薬ではありませんし、刺激的な臭いもなく半透明の滑らかな塗り薬なので、使いやすいことは間違いないです。

 

ただし、妊娠中や授乳中の方が巻き爪の治療の際にゲンタシンを使用するという場合は、思わぬトラブルやアレルギー反応が引き起こされるかもしれないので、医師に相談の上で使っていく必要があります。

 

さて、巻き爪が炎症を引き起こしたり、化膿しているという場合、多くの方は直ぐに薬を塗らなければならないと考えるかもしれませんが、実は食生活に大きな変化があった時に起きやすいのです。

 

そこで、少しでも巻き爪の炎症を抑えたいと思っているのであれば、薬だけに頼るのではなく、普段の食生活に気を配り、野菜を多く摂取したりビタミン類が含まれた食べ物を積極的に食べるようにしてください。

 

普段の食生活で栄養素を上手くカバーできないという方は、サプリメントに頼るのも良いかもしれません。

「巻き爪を治す薬」についてのページ