巻き爪の化膿を抑える薬

巻き爪の化膿を抑える薬について

巻き爪は症状が進行すると、尖った部分が皮膚の肉に食い込み、そこから細菌が侵入して化膿することがあります。

 

ここまで症状が重くなるのは稀なのですが、巻き爪の感染を自分で市販の薬を使用して治すのは非常に難しいのです。

 

化膿を抑えるために消毒したり軟膏を塗ったりしても、爪の下部にまで化膿が進行しているという場合、抗生剤の内服薬が必要不可欠なのですが、これはドラッグストアなどでは販売されておりません。

 

それに、市販の薬を使用する際には、選び方や使い方が大事で、素人では正しい判断をすることができず、巻き爪の化膿が悪化することも十分にあり得るので、医師の診察を受けて処方された薬を服用するのが一番です。

 

それでも、夜間や休日などで病院に行くことができないという方はいらっしゃると思うので、きちんと足の爪の部分を消毒し、抗生物質の入った軟膏薬を塗りましょう。

 

その場で化膿を抑えられますし、痛みも和らげられますが、根本的な治療ではないので、速やかに病院へと行くべきです。

 

巻き爪が化膿しているという場合、自宅で矯正グッズを使用したとしてもあまり意味がなく、放置する時間が長ければ長いほど化膿は進行していくので、病院での治療が必要となります。

 

化膿している部分が大きいという方は、手術を行わなければならないかもしれませんが、軽度の症状であれば保存治療が一般的です。

 

麻酔などを使用して手術を行うのではなく、ワイヤーやプレートといった専門の器具を使用し、正常な爪の形へと矯正していきます。

 

爪を元の形に戻すまでに長時間かかるというデメリットがあるものの、痛みなく安全に巻き爪を解消できるということで、多くの患者さんから支持を得ているのです。

 

以上のように、「○○○という薬を塗っていれば化膿を抑えて巻き爪も解消できる」というわけではなく、ゆっくりと時間をかけて巻き爪の矯正を行っていく必要があります。

 

上記で巻き爪の化膿を抑える応急処置として、抗生物質の入った軟膏薬を塗るのが良いと説明しましたが、抗生物質は細菌の働きを抑制するための薬で、長期的に使い続けることにより、耐性菌が生まれることがあるので、効き目が全くなくなるのです。

 

薬にはこのような弊害があるため、自己判断で使用しない方が良いということがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

時間がないという方はいらっしゃるかもしれませんが、できる限り病院で診察を受けるようにしてください。

「巻き爪を治す薬」についてのページ