プレートで巻き爪の矯正

プレートで巻き爪の矯正をしよう

病院や自宅では色々な方法を用いて、巻き爪の矯正を行うことができます。

 

巻き爪は大した症状ではないと考えている方が多いのですが、放置することによってだんだんと皮膚に食い込み、人によっては激痛が走ることもあるのです。

 

そこで、きちんと巻き爪の矯正をしなければならないのですが、その方法の一つとしてプレートの使用が挙げられます。

 

ワイヤーによる矯正が爪に穴をあけて行われるのに対し、この方法はプレートを曲がった爪の表面に貼り付け、その反発力を使って矯正を行っていくのです。

 

ワイヤーを使った巻き爪の矯正は、病院だけではなく自宅でも行えるのですが、爪に穴をあけるということに対して、いささかの不安を覚えるという方はいらっしゃるかもしれません。

 

そのような方にプラスチックプレートを使った矯正法が適しており、爪に穴をあけたり切ったりしないので、患者さんに負担の少ない治療であると説明できます。

 

それに、シールによる巻き爪の矯正方法は、入浴の際に剥がれてしまう可能性があるのですが、プレートであれば入浴も可能なので、普段と変わらない生活を送ることができるのです。

 

また、巻き爪の症状が進行している方や、巻き爪自体に穴をあける場所がないという方は、ワイヤーによる矯正は難しいと言えるでしょう。

 

しかし、プレートを使用した方法は、医療用の接着剤を使用して爪に直接貼り付けるタイプであるため、個人の爪の状態問わず、矯正を行っていくことができるのです。

 

ワイヤーを使った矯正よりも力は弱くなってしまいますが、その他の利点の方が大きいのではないかと思われます。

 

このように、多くのメリットを持ち合わせているプレートを用いた矯正ですが、病院では保険外治療が多いというデメリットがあります。

 

これはプレートに限った方法ではありませんが、完全治癒までに数ヶ月間はかかり、健康保険が使えないので、ある程度の費用がかかるということを覚悟しておかなければなりません。

 

もっと費用を抑えて巻き爪を改善したいと考えているのであれば、当サイトでご紹介している巻き爪ブロックがおすすめとなっております。

 

巻き爪ブロックも病院で行われるプレートを使用した矯正と同じように、身体に大きな負担をかけずに治療ができるのです。

 

優れた巻き爪矯正グッズであるのにも関わらず、僅か3,000円という格安料金で購入できるので、痛みで悩まされているという方は使用してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら