シールで巻き爪の矯正

シールで巻き爪の矯正をしよう

貼るだけで巻いている爪のカーブを矯正し、平らな形を維持できるグッズとして、リフトシールが挙げられます。

 

非常に有名なグッズとなっているので、既にリフトシールを使用したことがあるという方はいらっしゃるかもしれませんが、治療院のプロの施術をそのまま再現しており、痛みを引き起こす巻き爪をしっかりと改善してくれるのです。

 

リフトシールの大きな特徴は、適度な弾力で爪を持ち上げてくれるリフトメタルで、巻き爪の上に貼り付けることにより、巻き込んだ爪を持ち上げて真っ直ぐにしてくれます。

 

このシールによる矯正は、肌色の保護テープで覆う形となっているので、目立ちにくくサンダルも履けるというメリットがあるのです。

 

「巻き爪を矯正しているところを見られるのは恥ずかしい」という女性の方はいらっしゃると思われますが、そのような方にリフトシールが適していると言えるでしょう。

 

一時的に痛みや歩きにくさを和らげるというグッズではなく、根本的に巻き爪を治してくれる製品なので、試す価値は大いにあります。

 

このリフトシールとともに人気となっているのが、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックです。

 

どちらが優れているか一概に説明することはできませんが、両方とも自宅でケアを行えるというところが優れております。

 

巻き爪ブロックもシールでの矯正と同じように、痛みは全くありませんので、気軽に試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪リフトシールと巻き爪ブロックは、病院での治療ではなく、自宅で巻き爪の矯正ができるということで注目を集めております。

 

どちらでも思っている以上の効果を期待できることは間違いありませんが、巻き爪リフトシールの場合、シールのサイズが合わなくてしっかりと爪が持ち上がらないという可能性があるのです。

 

爪の形は人によって異なっていると思われますが、横の幅が広い方や男性には巻き爪リフトシールは向いていないかもしれません。

 

その点、巻き爪ブロックは「S」「M」「L」と3種類のサイズから選べるだけではなく、自分のサイズが分からないという方のために、全ての種類が入ったセットも販売されているのです。

 

それに、特殊なバネを使って爪を真っ直ぐに矯正していくので、全く痛みが引き起こされないというだけではなく、外れにくいというメリットもあります。

 

シールですと何らかの拍子で剥がれる可能性があるため、巻き爪ブロックの方が使いやすいと言えるでしょう。