巻き爪の症状

巻き爪の症状について

巻き爪は、巻き込む形や深さの程度が人によって異なるので、一概にどのような症状なのか説明することはできませんが、一般的に爪の先端が曲がって皮膚に食い込んでいるような症状のことを指します。

 

爪が皮膚に食い込むことで出血を引き起こしたり、そこから細菌が侵入して化膿することもあるので、決して放置してはいけない病気なのです。

 

巻き爪の症状は足の親指に引き起こされることが多く、年齢や性別に関係なく全ての方に生じる可能性があります。

 

巻き爪は、自分の足に合わない靴を長期的に使用していたり、足の指に大きな負担がかけられていることが原因で引き起こされ、急になるのではなく、時間をかけてゆっくりと爪が丸まっていくのです。

 

人によっては手の爪も湾曲することがありますが、どちらにしても爪の成長が衰えることはないので、伸びた爪が指の肉に食い込み、激しい痛みが引き起こされることがあります。

 

場合によっては症状が進行して歩行すら困難になるという方もいらっしゃるので、危険な症状であるということがお分かり頂けるでしょう。

 

そこで、巻き爪を改善するには、このサイトでおすすめしている巻き爪ブロックが効果的です。

 

病院での手術のように即効性のある方法ではありませんが、巻き爪ブロックを使うことで少しずつ症状を和らげられます。

 

特殊なバネのパワーによって、少しずつ正常な形に戻してくれるので、一度試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪の初期症状はとても軽く、正常な方の爪と比べても大きく変化しているというわけではないので、放置してしまう方が多くなっております。

 

しかし、何も処置をしないとどんどん悪化していき、だんだんと爪の周りの皮膚が赤くなり、腫れや痛みが引き起こされる炎症期に突入するのです。

 

炎症が引き起こされているにもか関わらず、更に放置していると爪が肉の部分に陥入し、傷口から雑菌などが侵入して化膿してしまいます。

 

ズキズキと痛んで歩くのさえ苦痛になるだけではなく、化膿部分が膨張して周囲の組織に食い込むという悪循環が生じるので、早めに何らかの措置を取らなければならないということは間違いありません。

 

ここまでの巻き爪の症状が悪化すると自宅での矯正ではどうにもならず、病院で専門的な手術を受ける必要があります。

 

外科的な手術を施すことで巻き爪を改善できるのですが、症状が進行すればするほど治すまで時間がかかるので、できる限り炎症が引き起こされる前に対処するようにしてください。

「巻き爪の症状」についてのページ