巻き爪と水ぶくれ

巻き爪と水ぶくれについて

巻き爪は爪が皮膚の肉に食い込む症状を指し、尖った部分で傷つけてしまうことがあるので、そこから細菌が侵入して炎症を引き起こすことがあります。

 

水ぶくれが起きるということは少ないかもしれませんが、激しい痛みに襲われるという方も少なくはなく、自然と解消することはないので、何らかの措置を取らなければならないのです。

 

先天性の場合もありますが、基本的に足の親指に大きな負担がかけられていることが原因で、巻き爪の症状が少しずつ進行していきます。

 

中には、炎症が引き起こされるとともに、水ぶくれといった症状が表れる可能性があり、歩行を続けるにつれてその水ぶくれが潰れて、症状が悪化することがあるので、早めに治療をしなければならないということがお分かり頂けるでしょう。

 

「巻き爪は手術をしなければいけないの?」という疑問を抱いている方がいらっしゃるかもしれませんが、決してそうではなく初期段階であれば自宅で矯正グッズを利用することで巻き爪を完治させられます。

 

このサイトでは、巻き爪を自宅で完治できる巻き爪ブロックをご紹介しており、付属のバネによって丸まった爪を元の状態に戻せるのです。

 

炎症が引き起こされているという方は、病院で一度専門医に症状を診てもらった方が良いかもしれませんが、症状が軽ければ自宅で矯正できるので、巻き爪ブロックを試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、足に水虫ができているという方は、白癬菌による影響によってかゆみや水ぶくれができることがあります。

 

人によって症状が異なるので何とも言えませんが、水ぶくれができる水泡症型と呼ばれるタイプの方はいらっしゃるので、水虫で水ぶくれが引き起こされるのは不思議ではありません。

 

実は水虫によって巻き爪が引き起こされることがあり、爪に感染する爪白癬にかかると、徐々に爪が厚くなって変形が生じるのです。

 

巻き爪と水ぶくれが直接的に関係しているというわけではありませんが、足に水ぶくれがあるという方は水虫による影響が強く、同時に巻き爪が引き起こされることもあるので注意する必要があります。

 

水虫と聞くと中年の男性が悩んでいるという印象を受けるかもしれませんが、年齢や性別に関係なく引き起こされることがあるので、毎日足全体を石鹸でしっかりと洗って清潔に保ってください。

 

大きな原因である爪白癬は、爪の中に感染することもあるので、爪専用のブラシで優しく洗うのが良いでしょう。

「巻き爪の症状」についてのページ