巻き爪と糖尿病

巻き爪と糖尿病について

巻き爪と糖尿病には全く関係性がないと思うかもしれませんが、実は糖尿病で巻き爪が引き起こされているという方は、十分に気をつけなければならないと言われております。

 

糖尿病の症状は人によって違いが生じているので何とも言えませんが、その中に四肢末端の血流障害があり、損傷した部分の回復が遅いという特徴があるのです。

 

巻き爪の初期段階であれば特に大きな問題はありませんが、症状が進行して爪が陥入しているという場合は骨まで細菌に犯されるということがあり、骨髄炎を引き起こす方がいらっしゃいます。

 

骨髄炎になると骨がだんだんと溶けてしまうため、指を切断しなければならないというケースも決し少なくはありません。

 

このように、糖尿病と巻き爪に直接的な関係がないとしても、糖尿病の方が巻き爪を引き起こすと取り返しのつかない事態になる可能性が高いので、たとえ痛みがなくても何かしらの対処をするべきです。

 

「痛みがないのに対処しなければならないの?」と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、巻き爪を予防することは大事であると言えます。

 

とは言え、病院で処置を施すのは面倒であると感じる方がいらっしゃるかもしれないので、自宅で矯正できる巻き爪ブロックがおすすめです。

 

特に大きな措置は必要なく、バネを足の爪に装着するだけの簡単な作業なので、糖尿病の方は早めに巻き爪ブロックで対処するようにしてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、糖尿病と足には深い関係性があり、糖尿病を引き起こしているという方は、しっかりと足の手入れを行っていかなければなりません。

 

仮に、糖尿病で血糖値が高い状態が長期的に続いていると、血流障害が引き起こされやすく、白癬菌といった水虫に対する抵抗力が低くなります。

 

水虫によって爪の形が変形し、巻き爪が引き起こされるという方はいらっしゃるので、糖尿病の方は巻き爪に悩まされやすいのです。

 

また、神経障害によって痛みに鈍感となり、巻き爪によって炎症が引き起こされているのにも関わらず、症状を放置してしまうという方もいらっしゃいます。

 

足は手と比べて目に触れる機会が非常に少ないので、重大な病気に気が付かず、スルーしてしまうことも少なくはないのです。

 

これは糖尿病で悩まされている方だけに言えることではありませんが、足のお手入れを念入りに行っていく必要があります。

 

小まめに足のチェックを行うのは決して楽ではありませんが、入浴の際によく確かめてみてください。

「巻き爪の症状」についてのページ