巻き爪の手術と抜糸

巻き爪の手術と抜糸について

巻き爪の手術に限った話ではありませんが、身体のどこかを怪我して縫った場合、そこを縫い合わせていた糸を取り外す抜糸が行われます。

 

縫い合わせる際は麻酔を行わなければ大きな痛みが発生してしまいますが、抜糸はアフターケアのようなものなので、大きな痛みを伴うことなく終わるのです。

 

抜糸の読み方は「ばっし」なのですが、歯科治療において歯を抜く治療である抜歯(ばっし)との混同を避けるため、「ばついと」と呼ばれることもあります。

 

さて、巻き爪の手術で縫合や抜糸の必要がある方法は、鬼塚法です。

 

術後の患者さんの負担が大きいため、現在ではあまり利用されていない巻き爪の手術なのですが、指の神経に局所麻酔を打ち、爪のふちを爪母からメスで切除して、爪が生えてこないようにしていきます。

 

その後にマットレス縫合を行うのですが、1〜3週間後に抜糸を行ってから入浴が可能となるので、非常に大掛かりな手術であると言えるでしょう。

 

専門医から詳しく説明があると思われますが、抜糸をしてからではないと入浴ができないので、そこまでおすすめできる巻き爪の治療ではないのです。

 

手術をしてから1ヶ月〜2ヶ月は経過を観察するために診察が必要ですが、そこで何も問題がなければ通院の必要はなく、生活面でのアフターケアが非常に大切なので、医師から詳しい話を聞くことをおすすめします。

 

抜糸を必要とする鬼塚法は、巻き爪の症状が進行した方に行われる手術なので、炎症や化膿が引き起こされていないのであれば、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックで矯正が十分に可能です。

 

巻き爪を放置していると大掛かりな手術が必要になることが多いので、早めに改善するためにも巻き爪ブロックを積極的に使用してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

基本的に縫い合わせる手術を行わなければ抜糸の必要性はないので、薬品を使用して行われるフェノール法や、ワイヤーやプレートで矯正するという施術では、抜糸をすることはありません。

 

それに、これらの手術は治療を行った当日や翌日から入浴が可能なので、患者さんに大きな負担がないというメリットがあるのです。

 

上記でご紹介した鬼塚法は、抜糸が必要であるというだけではなく、術後に大きな痛みを伴うことや、生活に制限があるということで、あまり利用されなくなったのではないでしょうか。

 

どの治療方法を選択するにしても、病院で施術を行うのであれば、あらかじめ専門医の説明をきちんと聞くようにしてください。

巻き爪の手術についてのページ