巻き爪の手術にかかる費用

巻き爪の手術にかかる費用について

巻き爪の手術の方法は病院によって違いが生じており、かかる費用も異なるという特徴がありますが、爪と皮膚の間に溜められた炎症組織を出したり、爪の食い込みによって皮膚が膿んで肉芽が形成されているような場合は、保険適用の手術が行われます。

 

一概には説明できませんが、このような状態で日常生活を送ることは困難であると考えられるため、保険が適用されるというわけです。

 

基本的には、爪の外側にある食い込んだ部分を手術によって切除し、爪の裏から根元の皮膚まで連続して切っていきます。

 

指が化膿しているという場合は膿をしっかりと取り除き、巻き爪を改善して自然なカーブを描くようになるのです。

 

このような手術と聞くと、とんでもない費用がかかると考える方がいらっしゃるかもしれませんが、健康保険の適応で3割負担で良いので、大よそ8,000円前後の費用で済みます。

 

どの手術であったとして、治療時間は約30分程度ですので、そこまで大きな施術ではないということがお分かり頂けるでしょう。

 

「巻き爪の手術は痛いのでは?」と思うかもしれませんが、局所麻酔を使用して手術が行われていくので、施術中に痛いと感じることはありませんし、長く入院する必要もないのです。

 

とは言え、巻き爪の手術が終わって完治というわけではなく、その後の経過を見るために何度か病院に通院しなければなりません。

 

また、専門医から詳しい説明があると思われますが、手術後は数日間激しい運動を控えて頂くことがあるので、十分に注意が必要です。

 

巻き爪の手術にかかる費用は、皆さんが考えている以上に安いと思われるので、不安な方は病院での診察を受けてください。

 

巻き爪は自然に治るということはなく、化膿したり炎症が引き起こされているという場合、放置すればするほど悪化するだけであり、どんどん大きな手術をしなければならなくなる可能性が高くなっております。

 

インターネットで巻き爪の手術が行われている病院のホームページを見てみると、患者さんの写真が掲載されていることがありますが、痛々しい姿であると感じる方が多いはずです。

 

このような写真では極端な症例だけを紹介している可能性が高いのですが、それでも巻き爪を放置すると危険な状態に晒されるということは間違いないのではないでしょうか。

 

病院で自分の症状を診てもらうだけでしたら、大きな費用がかかるということはないので、自分で判断せずに専門医の診断に委ねるべきです。

巻き爪の手術についてのページ