巻き爪の手術で完治できる?

巻き爪の手術で完治できる?

「巻き爪の手術を行ってどのくらいで完治できるの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

 

確かに、どのくらいの治療期間が必要なのか気になると思われますが、これは個人差が生じる部分なので一概に説明することはできません。

 

病院で診察を行えば、自分の症状に適した手術を紹介してくれると思われますし、専門医の方がきちんと診てくれるので完治できる可能性は大幅に上がります。

 

とは言え、軽度の巻き爪であれば効果的な手術を行うことで数週間で完治しますし、皮膚が化膿していたり炎症が引き起こされていたりと重い症状の方は、手術を行ったとしても数ヶ月間程度かかることは十分にあり得るのです。

 

巻き爪は軽度であれば必ずしも手術を行う必要はありませんが、自然に巻き爪が完治したという方はほとんどいらっしゃらないので、何らかの対処をする必要があります。

 

もちろん、中には様子を見るという選択肢をとる方がいますが、様子を見たところで治る見込みはかなり薄いので、できる限り早めに病院へ行って手術をした方が良いでしょう。

 

また、自宅で巻き爪の矯正を行う巻き爪ブロックでも、完治させることは十分にできます。

 

巻き爪矯正キットには色々な製品があり、それぞれ特徴があるのですが、巻き爪ブロックは特殊なバネを爪に装着するだけで良いのです。

 

特殊なバネが爪が皮膚に食い込むのを防いでくれるので、直ぐに痛みを防止してくれます。

 

他の製品は自分の爪のサイズに合わず、思うようなフィット感が得られないかもしれませんが、巻き爪ブロックは3種類からサイズを選択できるというメリットがあるので、完治させるために是非使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、どの程度の期間で完治できるのか知りたいという方は、自宅で処置を施すのではなく、病院に行って主治医に目安を聞いてみた方が良いかもしれません。

 

行われる手術によって完治までの期間は異なっており、どの方法を使用するのかは実際に主治医に診せなければ分からないのです。

 

とは言え、巻き爪によって痛みが引き起こされているという方が、巻き爪の手術を病院で行った場合、数日で完治するということはないでしょう。

 

治療は1日で終わる方法もあるのですが、その後に経過を見せるために病院に診察を受けにいかなければならないのです。

 

何かの病気を完治させるためには、手術だけではなく、その後のケアが必要なくなるまでを指しているので、数日間で完治できる可能性は低いと説明できます。

巻き爪の手術についてのページ