巻き爪と絆創膏

巻き爪と絆創膏について

巻き爪の症状が進行すると、炎症を引き起こして膿が出てくることがありますが、このような場合は消毒液を使って医師から処方された薬を塗り、絆創膏を貼ることで少しずつ改善できます。

 

市販の薬に頼ると、どの薬が自分に適しているのか素人では判断できず、逆に症状が悪化するということも十分に考えられるため、必ず医師の診断を受けて処方された薬を使って治していくべきです。

 

あらかじめ詳しく説明があると思われますが、リンデロンやフシジンレオといった塗り薬が皮膚科では処方されることがあり、用法と用量を守って使うことで症状を和らげられます。

 

朝になって絆創膏をはがすと、膿のようなものが巻き爪の部分に付着していることがあるので、これは皮膚にとって残しておくのは衛生的に良くないので、きちんと拭き取りましょう。

 

しかし、私たちが何気なく使用している絆創膏ですが、これは雑菌にとって絶好の繁殖場所であり、長期的に使うのはあまり良くないので、ある程度巻き爪の炎症が落ち着いてきたのであれば、絆創膏ではなくガーゼを使用することをおすすめします。

 

巻き爪が化膿するだけならばまだしも、そこから雑菌が入り込むと更に腫れ上がって激痛が全身を走ることがあるので非常に危険です。

 

そのため、絆創膏を貼るという場合も、小まめに取り替えるように心掛け、同じものを長時間に渡って使わないように気を配る必要があります。

 

さて、自宅で巻き爪の矯正グッズを使用して治そうとしている方には、ワイヤーやバネが靴下を脱いだりお風呂に入ったりする時に取れてしまうということで、絆創膏を貼っている方がいらっしゃいます。

 

確かに、何らかのアイテムで固定しなければ意味がありませんが、上記でも説明したように絆創膏は細菌が繁殖しやすい場所となっているので、あまりおすすめはできません。

 

爪が湾曲しているだけで炎症が引き起こされていないのであれば、特に気にする必要はないかもしれませんが、爪によって皮膚が傷つけられ、そこから侵入することも十分にあり得るため、なるべく絆創膏を使用しない方が良いのです。

 

このサイトでご紹介している巻き爪ブロックも同じように、バネを爪の表面に取り付けるのですが、この矯正グッズにはバネが落ちないように専用のカバーが付属されております。

 

絆創膏を使って固定するよりも、専用のカバーの方が安全であると言えるので、自分勝手な判断で絆創膏を利用しないように注意してください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

「その他」についてのページ