巻き爪と外反母趾

巻き爪と外反母趾について

外反母趾とは、ハイヒールやつま先の細い靴を履くことで引き起こされる症状の一つで、足の親指が小指側に曲がってしまう病気のことを指します。

 

爪や指に大きな負担がかけられていると巻き爪を引き起こすだけではなく、外反母趾といった病気を発症することもあるので十分に注意が必要です。

 

これは巻き爪にも外反母趾にも言えることなのですが、少し異常を感じていたとしても、全く痛みが引き起こされないという方はいらっしゃるので、放置してしまう方は多いのですが、指や爪の曲がりは徐々に悪化していきます。

 

どちらの症状でも直ぐに状態が悪化するという心配はありませんが、ケアを怠ることで痛みがだんだんと酷くなり、普通の靴が履けなくなるケースも十分にあり得るのです。

 

外反母趾に限っては指の形がおかしいと感じるだけで、初期段階では痛みをあまり感じないのですが、放置することで歩行が困難となり、病院で手術をしなければならないこともあるので、そのような状態になる前に専門医に相談をした方が良いでしょう。

 

それに、指の形がおかしいからといって、幅広の靴を選んで履いても症状が改善されないことが多く、足の骨格や関節の動き、歩き方など総合的に捉えて靴を選ぶ必要があるので、自己判断では非常に難しいと言えます。

 

このサイトでご紹介している巻き爪ブロックでは外反母趾を治すことはできませんが、靴によって引き起こされる可能性の高い巻き爪の改善は可能です。

 

症状が酷いのであれば病院で診察を受けた方が良いと思われますが、初期段階であれば自宅での矯正でも治せるので、巻き爪ブロックを使用してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、外反母趾の原因は色々と考えられるのですが、「足の筋力低下」「先天的なもの」「自分に合わない靴の使用」などが挙げられます。

 

遺伝によって引き起こされる可能性もあるので、仕方のない症状であると言えますが、自分に適した靴を履いたり、靴の中敷であるインソールを作製して使うことで、少しずつ治すことができるのです。

 

自宅でテープを巻いて外反母趾を解消しようとしている方はいらっしゃいますが、思うような変化が表れないという方は早めに病院へ行くことをおすすめします。

 

これは巻き爪の治療にも言えることなのですが、足のトラブルによって歩行が困難になるケースがあり、日常生活に大きな支障が出ることもあるので、専門医の話を伺って適切な対処を施すのが一番であると言えるでしょう。

「その他」についてのページ