巻き爪と年齢

巻き爪と年齢について

巻き爪は圧迫した靴などを長期的に履くことによって引き起こされることが多く、つま先が細いパンプスやヒールを履くことが多い女性になりやすい症状であると言われておりますが、基本的に年齢は関係ないです。

 

赤ちゃんでもお年寄りでも巻き爪が引き起こされることは十分にあり得るので、巻き爪になりやすい年齢は特にないと言えます。

 

赤ちゃんが巻き爪に悩まされることはあり、親御さんが清潔さを保とうと赤ちゃんの爪を切りすぎてしまうと、それが原因でだんだんと巻き爪になることがあるので、爪のケアには十分に注意しなければならないのです。

 

もちろん、深爪はどのような年齢にも共通して言えることであり、爪が曲がって生えるようになるので、巻き爪に悩まされるようになります。

 

巻き爪になったとしても全く痛みを感じない方もあり、一見良いことのように思えるかもしれませんが、大きな自覚症状がないまま病気が進行すると考えると、非常に恐ろしいのではないでしょうか。

 

知らず知らずのうちに巻き爪の症状が悪化しており、炎症を引き起こして手術をしなければ改善が難しいという状況も十分に考えられるので、どのような年齢の方もフットケアを怠ってはいけないのです。

 

もし、自分の爪が巻き始めているのではないかと不安を感じた方は、巻き爪ブロックを使用したケアをおすすめします。

 

巻き爪ブロックで100%治ると言い切れるわけではありませんが、爪を軽く上に持ち上げて痛みを和らげることは可能です。

 

自分の爪のサイズに合わせて使用するバネを変えられるので、どの年齢の方でも使えます。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、上記で年齢に関係なく巻き爪は引き起こされる可能性があると説明致しましたが、高齢者の方は特に巻き爪に悩まされることが多いと言われております。

 

個人の体質によって変化するので一概には言えませんが、加齢によって爪が乾燥と硬化を引き起こし、水分が失われることで自ら爪が縮んで巻き爪になってしまうのです。

 

それに、爪は適度な運動を行う度に緊張を保っているのですが、高齢者となると身体を動かす機会が一気に減るため、運動不足によって巻き爪が引き起こされやすいとも考えられております。

 

私たちは当たり前のように爪を切ったりお手入れをしたりしていますが、体重移動といったバランスを整えている役割がある人間の身体の中でも重要な部分です。

 

年齢を重ねてもハツラツと活動できるように、爪のケアを丁寧に行っていくことが大事であると言えるでしょう。

「その他」についてのページ