巻き爪を伸ばす

巻き爪を伸ばすと治るの?

巻き爪は爪の角が皮膚に当たって非常に痛く、人によっては激痛が走ることもあるので悩ましい症状の一つなのですが、爪を伸ばすと治ると言われております。

 

実は爪を伸ばすことが巻き爪改善の大きな一歩であり、爪の端が皮膚の外に出れば皮膚に食い込むという症状を防げるため、痛みが引き起こされないという仕組みです。

 

とは言え、伸ばす途中で痛くなって切ってしまったという方が多いのですが、短く爪を切って深爪になると更に爪が巻くようになり、それが刺さることで更に深く切らなければならないといったように、負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

このような悪循環を断ち切るためにも、ある程度爪を伸ばすことが大事なので、脱脂綿を爪の中に入れて衝撃を和らげるコットンパッキングという方法がおすすめです。

 

少量のコットンを少しずつ爪の中にピンセットで入れることにより、クッションの役割を果たしてくれるので、爪を伸ばしても痛みが引き起こされません。

 

コットンパッキングは、自宅で簡単に行える方法であるのにも関わらず、痛みを抑えるのに最適な手段なので、試す価値は大いにあります。

 

それでも、巻き爪の症状が重く、痛くて伸ばすことができないという方はいらっしゃると思うので、そのような方には巻き爪ブロックがおすすめです。

 

巻き爪ブロックはたとえ爪を伸ばしていないとしても、爪の表面に貼り付けるだけなので、簡単にケアができます。

 

口コミで多くの方から高い評価を得ている巻き爪矯正グッズなので、是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、病院でワイヤーを使って巻き爪の矯正を行おうとしている方はいらっしゃいますが、この方法を行うには爪をある程度伸ばす必要があります。

 

爪の先端部分の白い部分に2ヵ所の穴をあけ、その中にワイヤーを通して爪を正常な形に戻すという施術となっているので、爪を伸ばさなければできないということはお分かり頂けるでしょう。

 

もし、爪を伸ばすことができないほど症状が悪化しているという方は、上記でご紹介した巻き爪ブロックやプレートを貼る施術を行うべきです。

 

また、爪を伸ばすには切り方が重要であると言われており、四角く真一文字にカットするスクエアオフが適しております。

 

爪は指の丸みに従って巻こうとする性質があるため、そのカーブに合わせて切ると余計に巻きやすくなるというわけです。

 

それに、爪の長さも非常に重要となっており、深爪は巻き爪の大きな原因なので、必ず白い部分をある程度残すようなカットを心掛けてください。

「その他」についてのページ