巻き爪の種類

巻き爪の種類について

巻き爪にはどのような種類があるのか、気になっているという方はいらっしゃると思います。

 

一口に巻き爪といっても色々な種類があり、人によって症状が異なるので、適した治療法も微妙に違うというわけです。

 

基本的に巻き爪は指の肉に爪の角が食い込むような症状を指し、巻き込まれた皮膚が化膿して激しい痛みを伴うことがあるので、歩行が困難になることも十分にあります。

 

症状が進行するにつれて爪の湾曲は激しくなり、両サイドが筒状になって丸くなるトランペット爪は、巻き爪の中でも大きな症状の一つです。

 

爪の両サイドが皮膚を激しくピンチングしているので、人によっては激痛が引き起こされることもあり、日常生活に大きな悪影響が及ぶこともあります。

 

また、片側ステープル爪と呼ばれる症状の方もおり、これは紙を2枚折り曲げたような状態の巻き爪を指し、爪と爪の間に皮膚が挟みこまれているので、トランペット爪と同じように激しい痛みが生じるのです。

 

更に、半月型という種類は、全体の爪が緩やかにカーブしたようになっており、その両端が皮膚に食い込むことで傷んだり傷口を作ってしまいます。

 

このように、巻き爪は幾つかの種類があるのですが、どの症状だとしても放置するのは危険で、今の状態よりも進行して治りにくくなることは間違いありません。

 

そのため、早めにこのサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使用し、正常な状態に戻すことをおすすめします。

 

「まだ治療する必要はない」と思っていると、知らず知らずのうちに手術をしなければならない状態まで進行することがあるので、早めの処置を施すようにしてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪と同じような爪の異常として、陥入爪という種類もあり、これは皮膚の中に爪が埋没し、皮膚に食い込んで炎症を引き起こしてしまいます。

 

皮膚を傷つけるという点では巻き爪と一緒で、傷口から細菌感染を引き起こす可能性もあるので、十分に注意しなければなりません。

 

陥入爪の方は爪を伸ばすことで痛みが生じる傾向にあるので、爪の角を切るというケアをしていると思われますが、爪が伸びた時に更に皮膚を巻き込み、より症状の重い陥入爪になるのです。

 

陥入爪の大きな原因は深爪であると言われているので、必要以上に切り過ぎないように、爪の先端部分の白い部分を少し残すような切り方を実行しましょう。

 

痛みを抑えるように足先をかばった歩き方を長期的に続けていると、腰痛や背中の痛みに発展する可能性があるので、早めの対処が必要不可欠です。

「その他」についてのページ