巻き爪と爪切り

巻き爪と爪切りについて

巻き爪と爪切りには大きな関係性がなく、爪をカットできればどの爪切りを使っても構わないと思っている方はいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

確かに、爪切りの種類はそこまで重要なポイントではありませんが、切りにくい爪切りを使用していたり、間違ったカットをしていると、だんだんと巻き爪になってしまいます。

 

特に深爪は注意しなければならない大きなポイントで、清潔さを保とうとして切れる範囲ギリギリまで爪切りでカットする方がいらっしゃいますが、このようなケアをしていると今まで爪に覆われて圧迫されていた部分の肉が表れ、盛り上がってしまうのです。

 

このような状態ですと、常に伸びる爪の行き場がなくなり、少しずつ曲がって生えるようになります。

 

そのため、爪の白い部分を全てカットするのではなく、1〜1,5mm程度残すような切り方がベストです。

 

とは言え、大きな爪切りを使用していると小さなケアが非常に難しく、ざっくりと切ってしまうこともあるので、ある程度爪切りで切ったらやすりを使って少しずつ削るようにしましょう。

 

また、長さだけではなく爪の形にも注意する必要があり、円を描くようにカーブしてカットする方が多いかもしれませんが、巻き爪の予防には真一文字に切るスクエアオフが適しております。

 

角を丸めるのではなく、四角く平行になるようにカットすることで、巻き爪の予防になるので是非試してみてください。

 

爪切りに使用するアイテムは特に定められているというわけではありませんが、一般的な爪切りよりもニッパー型の爪切りの方が優れていると言われております。

 

ニッパー型はステンレス製となっていることが多く、一般的な爪切りのように視界が遮られることが少ないので、誤って肉を挟んでしまうという心配もありません。

 

それに、赤ちゃんのような小さくて薄い爪でもカットしやすいという特徴があるので、赤ちゃんの巻き爪を予防するグッズとして優れていると言えます。

 

一般的な爪切りよりも高価な製品が多く、「爪切りにはお金を掛けたくない」と考える方が多いかもしれませんが、爪切りは一度購入してしまえば長く使えるものなので、多少の出費であれば決して無駄にはならないはずです。

 

高価な爪切りであれば良いというわけではありませんが、爪切り本来の目的である「切る」ということに重点が置かれているので、使いやすいということは間違いないでしょう。

「その他」についてのページ