ワイヤーで巻き爪の矯正

ワイヤーを使って巻き爪の矯正をしよう

ワイヤーを使って巻き爪の矯正をしよう

人によっては激しい痛みが引き起こされるということで、巻き爪で悩まされている方は多くいます。

 

そこで、巻き爪の矯正の一つとしてワイヤーを使った方法が挙げられ、病院で行われているだけではなく、自分で矯正することもできるのです。

 

「竿中とおる君」と呼ばれる超弾性ワイヤーを使用し、伸ばした爪の中に穴をあけて、通したワイヤーの力を利用して平らな爪へと矯正していきます。

 

非常に単純な方法であるにも関わらず、1,000円以下で購入することができ、その他に使用する道具なども全て100円ショップで手に入れられるので、コストをかけずに巻き爪の矯正ができるというわけです。

 

全ての方が病院へ通えるというわけではないので、自己治療ができるという部分では、ワイヤーによる矯正は優れていると言えるでしょう。

 

しかし、爪の中に穴をあけることに不安を抱く方は多く、「痛みが引き起こされるのではないか?」と考えてしまう気持ちは十分に分かります。

 

そのような方は、ワイヤーを使用して矯正するのではなく、当サイトでご紹介している巻き爪ブロックの使用をおすすめします。

 

巻き爪ブロックでは爪に穴をあける必要はなく、特殊なバネを爪の両側に装着するだけで良いのです。

 

全9種類の中から矯正の強度を選択し、自分に合ったものを使用して治していくことができる素晴らしいグッズですので、是非巻き爪ブロックを使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

ワイヤーを使って巻き爪の矯正をしよう

自宅で巻き爪のワイヤー矯正を行うのに不安を感じる方がいらっしゃいますが、皮膚科などでも治療が行われています。

 

ワイヤーによる矯正は保険が適用されないというデメリットがあるため、病院によって差が生じているものの、1回につき5,000円〜10,000円ほど必要となり、数ヶ月間繰り返さなければならないのです。

 

1回だけであればそこまで多額の費用ではないと感じるかもしれませんが、治療が長引けば長引くほどかなりの出費となってしまいます。

 

矯正中に痛みはなく、自宅での処置も必要ないので非常に楽なことは間違いありませんが、途中で治療をやめてしまうと、爪が元の状態に戻ることもあるのです。

 

これでは、巻き爪治療のために支払ってきたお金が全て無駄になってしまいます。

 

その点、上記でご紹介した巻き爪ブロックであれば、1回僅か3,000円で始めることができ、連続で装着しても4ヶ月程度使用できる耐久度と粘着シートが付属されているのです。

 

日本では、巻き爪の治療は病院が多くなっておりますが、現在では自宅矯正が当たり前の時代となっております。

 

病院でのワイヤー矯正を全て否定するというわけではありませんが、コストと手軽さを考えれば、巻き爪ブロックの方が優れていると言えるでしょう。

 

陥入爪のように激しく症状が悪化していないのであればセルフケアでも十分に対処できるので、自宅での処置を試してから皮膚科を受診してワイヤーによる治療を受けてみてください。