巻き爪の予防

巻き爪の予防について

巻き爪は、一つの原因ではなく、幾つかの現象が重なって爪が弧を描くように巻いてくることを指します。

 

急に巻き爪になるというわけではなく、月日を重ねることによってだんだんと巻いていってしまうのです。

 

患部が小さく、よくチェックしないと巻き爪が引き起こされているのかどうか分からないため、放置してしまう方が多いのですが、しっかりと予防しないと細菌が感染して手術をしなければならなくなります。

 

そこで、ここでは巻き爪の正しい予防法について詳しく説明しているので、自分の爪に何かしらの異常が見られたら、早急に対処するようにしましょう。

巻き爪ブロックで予防しよう

巻き爪の完治だけはなく、予防としてもこのサイトでご紹介している巻き爪ブロックは優れております。

 

たとえ症状が軽いとしても、巻き爪ブロックで予防をすれば、早めに改善できるのです。

 

巻き爪は放置していると、どんどん爪が湾曲していき、正常な状態に戻すにはかなりの時間を要すると言われておりますが、早めの段階で特殊なバネである巻き爪ブロックを使用すれば、比較的短期間で症状を抑えられます。

 

お一つ3,000円とお安い価格となっているので、取り返しのつかなくなる前に使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

正しい靴選びで予防しよう

女性の方は先端の尖ったオシャレな靴を履くことが多いかもしれませんが、靴のサイズが自分に合っていなかったり、足の親指に大きな負担がかかっていると、爪が曲がる大きな原因となります。

 

しかも、爪が分厚くなって切りづらくなるので、余計に巻き爪が引き起こされる確率が上がるというわけです。

 

また、普段の歩き方も非常に重要で、つま先に重心が大きくかかるような歩き方をしていると、爪に大きな負担がかかるので注意しなければなりません。

 

特にスポーツを定期的に行っている方は、知らず知らずのうちにつま先に負担がかかっているので、自分のサイズに合った靴を選ぶべきです。

深爪をしないように予防しよう

爪を短く切って清潔さを保とうとしている方は多いかもしれませんが、実は深爪をしてしまうと、前に伸びることができない爪が湾曲して生えるようになります。

 

痛いからといって短く切ると、一時的に痛みを抑えられますが、どんどん巻き爪は進行してしまうというわけです。

 

そのため、できる限り深爪にならないように、爪の先端部分にある白い部分を1mm程度伸ばす爪の切り方をして、巻き爪を予防してみてください。

「巻き爪の予防」についてのページ