歩き方で巻き爪の予防

歩き方で巻き爪の予防をしよう

歩き方で巻き爪の予防をしよう

正しい歩き方を行うことで、巻き爪の予防ができるということをご存知ですか。

 

お仕事やスポーツなどで長時間足を使うという方は多いかもしれませんが、歩き方が間違っていることが原因で、巻き爪が引き起こされる確率が上がります。

 

普段から歩き方に注意している方は滅多にいらっしゃらないと思われますが、ハイヒールを履くことが多い女性の方は、足が靴の中で滑り、つま先から着地してしまい、自分では気が付かないうちに足の指や爪に大きな負担をかけているのです。

 

巻き爪の補助器具や外科的な手術を行うことで巻き爪は改善されますし、そこまで難しい施術ではありませんが、間違った歩き方を続けていると再発する可能性はグンと上がるので予防をするために正しい歩き方を身に付けておかなければなりません。

 

その方法を口で説明するのは非常に難しいのですが、まずは足を肩幅程度に開き、背中が沿ったり猫背になったりせず、お腹の部分に少し力を入れて立ちます。

 

この状態で片方の膝を伸ばしたまま前へと進み、かかとから着地して足の指で地面を蹴るように歩くのが正しい歩き方です。

 

ハイヒールなどの影響によりつま先から着地することが多くなると、本来であればかかとにかかるはずだった重心がつま先にかかるため、指と爪に大きな負担が加えられるということはお分かり頂けるでしょう。

 

このような理想的な歩き方をしていれば、身体の重心のうち約半分程度はかかと部分に加わるため、巻き爪を予防できるという仕組みです。

 

ただし、正しい歩き方を実践しているのにも関わらず、普段から履いている靴のせいで巻き爪になりやすくなることは十分にあり得るので、自分のサイズに合った靴やつま先に負担がかかりにくい靴を選ぶようにしてください。

 

特に女性はデザインで靴を選ぶことが多いかもしれませんが、履いている靴の影響で爪が湾曲することがあるので注意が必要です。

 

今まで歩き方を意識したことがないという方が、急に改善するというのは非常に難しいのですが、巻き爪の予防として優れているということは間違いありません。

 

間違った歩き方によって、姿勢もだんだんと悪くなることがあるので、真っ直ぐにバランス良く歩く必要があります。

 

また、このサイトで紹介している巻き爪ブロックも、巻き爪の予防には最適です。

 

既に巻き爪が引き起こされているという方は、歩き方の改善だけでは症状を抑えるのは困難かもしれません。

 

歩き方の改善と同時に巻き爪自体を矯正する方法を行うことにより、病院へと受診しなくても症状の緩和を図ることができます。

 

その効果的な方法が巻き爪ブロックの使用なので、一体どのような製品なのか公式ホームページで確認しておいてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

「巻き爪の予防」についてのページ