巻き爪と脱脂綿

巻き爪と脱脂綿について

巻き爪によって引き起こされる痛みを和らげるために、脱脂綿を使用した方法があるということをご存知ですか。

 

清潔な脱脂綿を小さく丸め、爪の角と肉の間に詰め込むコットンパッキングという方法で、このケアを行うことにより、爪が皮膚に食い込むのを防ぎ、痛みを和らげてくれます。

 

脱脂綿が上手く爪の中に入らないという方は、爪が柔らかくなるお風呂上りに行うことで、スムーズに詰め込むことができるでしょう。

 

コットンパッキングで巻き爪自体を改善できるというわけではありませんが、一時的に痛みを和らげてくれるので、自宅でできる効果的な応急処置であると説明できます。

 

ただし、爪の中に入れる脱脂綿は清潔なものを使用しなければならず、素手で入れると衛生的に宜しくないので、必ずピンセットを用いて行うのが大きなポイントです。

 

症状が初期であればコットンパッキングの成功率は非常に高く、巻き爪が治る可能性もあるのですが、基本的には一時的な対処に過ぎないので、他の矯正方法を使用して改善する必要があります。

 

その方法として、自宅で器具を使用して巻き爪を治せる巻き爪ブロックがおすすめです。

 

コットンパッキングと同じように、自宅で爪の表面にバネを装着するだけの簡単な手順で、バネが上に伸びる力を利用して痛みを和らげつつ、湾曲した爪を元に戻すことができます。

 

多くのユーザーが巻き爪ブロックによって巻き爪を改善できている素晴らしい方法なので、是非一度試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、巻き爪の予防法として多くの方から支持されているコットンパッキングは、約4人に3人が痛みを和らげられると言われております。

 

全ての人に効果があるという方法ではありませんが、ドラッグストアなどで販売されている製品を使用して、気軽にケアできるというところは素晴らしいです。

 

しかし、巻き爪によって皮膚が傷つけられ、そこから雑菌が侵入して炎症を引き起こしているという方は、コットンパッキングでは痛みを抑えられない可能性があります。

 

これはコットンパッキングに限ったことではありませんが、巻き爪の症状が進行すると、自宅でのケアでは改善が難しいのです。

 

中には手術をしなければ炎症した部分を取り除くのは難しいという方もいらっしゃるので、直ぐに病院に行って診察を受けた方が良いでしょう。

 

症状が進めば進むほど、治りにくくなることは間違いないので、早めに対処を始めるということを心掛けなければなりません。

「巻き爪の予防」についてのページ